28日、騰訊体育によると、リオデジャネイロ五輪の選手村に到着した中国の卓球選手が、部屋の“完成具合”に改めて驚きの声を上げている。

写真拡大

2016年7月28日、騰訊体育によると、リオデジャネイロ五輪の選手村に到着した中国の卓球選手が、部屋の“完成具合”に改めて驚きの声を上げている。

【その他の写真】

選手らが「ドアを開けた途端、ぼう然とした」原因は、これまでも話題になっている工事のずさんさ。部屋の中はほこりだらけで、トイレのふたはそっぽを向き、男子選手が荷物を置いて最初に行ったことはバスルームの床に落ちていたシャワーカーテンのレールを壁に固定することだった。

このほか、天井に大きな穴が開いていたり、電線がむき出しになっている場所も。開幕まで約1週間となったが、宿泊施設の手入れはこの先どうなるのだろうか。(翻訳・編集/野谷)