自然乾燥すると、計算されたくしゃくしゃ感出せる

写真拡大

外国人のような、クシュっとしたラフな質感の髪にあこがれます。

だけど、外国人と日本人とでは髪質が違うので、無理にマネするとただのバサバサヘア見えちゃうんですよね。

そこで、キレイながらもラフな雰囲気をつくるコツを、美容師さんに聞いてみました。

まとめ髪には、あえて自然乾燥

外国人風のラフ感をうまく出すためには、あえて自然乾燥をするというのも手なんだとか。

自然乾燥することで、ツヤ感やまとまりを故意に消し、いい感じのドライさを与えることができるそう。

ただ、ダウンヘアだとどうしてもボサっと見えがちなので、まとめ髪をするときなどにおすすめですよ。

ワックスにもひと工夫

外国人風ヘアといえば、ラフな毛束感もポイント。これは、マット系のワックスでつくれるのですが、コツがあります。

半乾きのうちに、髪の毛の中間部分から毛先にかけてワックスを揉みこみ、ところどころ毛先をつまんで毛束感を出すようにすると、バサっとした質感が演出できるとのことです。

これらのコツで、外国人風の無造作ヘアに近づけそうです。

文/イトウウミ photo by Thinkstock/Getty Images

※この記事は2014年6月に掲載した記事を再編集しています。