■連載/ペットゥモロー通信

愛犬の健康を毎日チェックしてあげよう!

5-26

排泄物は、犬にとって健康のバロメーターのひとつです。

正常な尿は、尿の回数や服薬の有無によって状態は変化しますが、基本的には淡黄色で少しだけアンモニア臭がすることが多いと言われています。ニオイがいつもよりキツイ・尿が赤い・突然トイレの回数が増えた・尿の色が濃いなどの症状が出たら何かしらの病気が疑われます。

また、フードの種類によって左右されますが、正常な便は食事回数+1回くらいの回数で、茶色〜こげ茶で形がしっかりとしていて、ティッシュで掴んでも形が崩れないくらいの適度な硬さになることが一般的。いつもの便よりも違う点があったり、軟便・下痢・血便・便が黒く固くなってしまっていたりする場合は、獣医師に相談をしましょう。

もちろん、排泄物だけでは愛犬の健康状態すべては把握出来ません。しかし、犬は本能的に痛みを隠す習性があるので、症状が出た時にはすでに進行している可能性も多いです。

毎日目にする愛犬の排泄物を飼い主が気にしてあげ、健康状態を毎日管理してあげることが大切です。

文/大原絵理香(ペットゥモロー編集部)
 

HPhttp://petomorrow.jp/
Twitterhttps://twitter.com/PETomorrow
Facebookhttps://www.facebook.com/petomorrow/

記事提供/ペットゥモロー http://petomorrow.jp/