夏野菜の代表と言えば「キュウリ」ですが、実は様々な病気を予防する効果が期待できることをご存知ですか? 無料メルマガ『美容と健康ひとくちメモ』では、ガン予防や免疫力強化、さらには心筋梗塞の予防までと、意外と知られていないキュウリの効用について紹介しています。ご自宅で簡単に作れるキュウリ酒も是非お試し下さい!

青臭いと言わないで…

キュウリには、2011年に発見された脂肪分解酵素、ホスホリパーゼという成分が含まれていて、これは細胞膜を構成するリン脂質を分解する酵素だそうで、脂肪を効果的に分解する働きがあり、その効果はおろし金で擂り卸すと細胞膜を壊して酵素作用が増え、中の酵素が活発に働くのだそう。

また、キュウリの主成分の90%以上が水分ですが、ビタミンA、B群、C、カルシウム、カリウム、鉄などのミネラル、食物繊維をバランス良く含み、ビタミンA(β-カロチン)は活性酸素の働きを抑制する作用があり、ガンを防ぐ効果や皮膚、粘膜、目の網膜を健康に保つ作用に加え、風邪予防など免疫力を強化し細菌やウイルスから身体を守る働きも。

さらに、キュウリの青臭さの成分であるピラジンは、血栓を予防し、脳梗塞、心筋梗塞などに効果があると言われているそうです。

キュウリで 夏バテ知らず!!

キュウリには利尿効果があるので、水分の摂り過ぎでむくんだり、熱っぽいとき、身体がだるいときなどに食べると効果があるそう。

キュウリのもつ水分は粒子が細かく血流をスムーズにさせ、体の各器官にも栄養を行き届かせ、全身の機能を高めて、キュウリに含まれるカリウムは血液のナトリウム濃度を下げる働きがあり、高血圧を予防し、熱を冷ます効果があり、ヘタに近い皮の部分に含まれる、ククルビタシンというアルカロイドにはがん細胞の増殖を抑制する働きがあると言われているそうです。

● 夏バテに効くキュウリ酒の漬け方

キュウリ5本とホワイトリカー(35度)1リットルを用意して、キュウリをよく水洗いし、ペーパータオルで水けを取り、広口の容器にキュウリとホワイトリカーを入れ密封し、冷蔵庫で3日間ねかせてキュウリを取り出して完成。

1日1回寝る前に30mlづつ飲むといいそうです。1ヶ月を目安に飲みきりましょうとのこと。

image by: Shutterstock

 

『美容と健康ひとくちメモ』

日常の何気ない食物にも意外な効用を持つものがあります。そんなちょっとしたうんちくを日刊でお送りします。

<<登録はこちら>>  

出典元:まぐまぐニュース!