気持ちが疲れた……そんな時に出来る簡単リフレッシュ方法

写真拡大

生きていると様々な負の感情に襲われる。イライラ、しょんぼり、がっかり、モヤモヤ、セカセカ……。そういった感情を放っておいて蓄積されていくと心が疲れていってしまう。そうなってしまった時、自分でちょっとしたアクションを起こして心をリセットさせるべきだろう。

「教えて!goo」に投稿されているQ&A「気持ちが疲れた時のリフレッシュ方法」への回答を参考に、心が疲れてしまった時に試してみたいリフレッシュ方法をまとめてみた。

■手軽に出来る!負の感情を洗い流すには……

「一日の中でのリフレッシュなら、歯磨きでしょうか。私は自営業だからいつでもできるんですがw」(mikasa190505さん)

負の感情に気付いた時にすぐに試したいリフレッシュ方法がこちらだ。歯を磨いて口の中をスッキリさせることで気分転換になり気持ちをスッキリさせることが出来そうだ。しかし仕事中に歯磨きなんてなかなか出来ないという方もいるだろう。そんな方は石鹸で手を洗うのもおすすめだ。松浦弥太郎さんの著書「100の基本」の中でもその方法は紹介されており、著書の中で松浦さんは「石鹸と水の流れで清潔になるのは、手だけではないのです」「手を洗えば、気持ちのよどみも流れていきます」と言っている。この方法ならどんな仕事の方でも比較的手軽に実践出来るのではないだろうか。

■文化的なものに触れる

「絵本を読む。これは意外かと思われますが、結構良いです。図書館で借りればタダです。(笑)挿絵の可愛い絵本を読んでいると童心に返り、ほんわかした気分になります」(akarin2014さん)

「目の前に、いつも好きな絵画を飾っているので、それを眺めるだけでも和みます。モネとか、優しい印象派が安らぎます」(haiji1996さん)

本や絵画など文化的なものに触れるのも良さそうだ。図書館や美術館に寄ってみるのもおすすめ。静かで落ち着いた空間に身を置けば、同じく気持ちまで落ち着いてきたりする。

■最も目立った回答は……

回答の中で最も目立ったのは「音楽を聴く」というものだ。

「綺麗な音楽を聴く。日本語だと歌詞が入ってきてしまうので、こういう時は洋楽を聴きます」(akarin2014さん)

「ハードコアやメタル等の反社会的な楽曲を爆音で聴きます」(sunsowlさん)

「好きなクラシックのCD聴きます」(kusirosiさん)

どんなジャンルの音楽でリフレッシュ出来るかは人それぞれ。自分好みの音楽を聴いてみてはいかがだろうか。ちなみにモーツァルトの楽曲には、脳からアルファ波を出す作用があると言われ、アルファ波には心や体をリラックスさせたりストレスを沈める効果があるとされている。どんな音楽を聴けばいいか分からない方はモーツァルトを試してみては?

気持ちが疲れていると何もやる気が起きなくなってしまうだろう。しかし、このようにちょっとした工夫をすることで、少しずつ気持ちをリフレッシュさせることも可能だ。疲れがどんどん蓄積されていくのを防ぐためにも取り入れてみてはいかがだろうか。

渡辺結花(Watanabe Yuka)