元「JELLY」小田切恵子、第1子出産を発表/オフィシャルブログ(LINE)より

写真拡大

【小田切恵子/モデルプレス=7月28日】雑誌「Ranzuki」「JELLY」などで活躍していたモデルの小田切恵子(31)が28日、自身のブログにて第1子となる女児を出産したことを発表した。

山本優希、元「JELLY」モデルとのビキニ3ショットに「セクシー」の声 グアムでバカンス満喫

◆「この瞬間を待っていた」喜び報告


「Hello Baby」というエントリーでブログを更新した小田切は、「待望の この瞬間を待っていました はじめまして こにぎりちゃん 無事に産まれました」と第1子出産を報告するとともに、生まれたばかりの女児の写真を公開。

9時43分、身長51.6cm、体重3,690gで誕生したことを明かし、「痛かったね。苦しかったね。とっても頑張って出てきてくれました。長く暗いトンネルを抜けてようやくお顔を見せてくれました」と母の顔を見せ、「これから楽しく生きようね これから子育て頑張ります」とつづっている。

小田切は2015年に、一般男性とのバースデー婚を発表していた。(modelpress編集部)

■小田切恵子(おだぎり・けいこ)プロフィール


生年月日:1984年10月1日
出身地:山梨県
血液型:A型
身長:163cm

10代の頃より雑誌「Ranzuki」「JELLY」などでレギュラーモデルを務める。「Fine」の専属モデルも務め、また同時にアパレルメーカーのデザイナーとしても活躍。26歳で女優業に転身し映画、舞台に出演後、現在はモデル兼デザイナーとして活動している。