写真提供:マイナビニュース

写真拡大

8月6日に公開される映画『劇場版 仮面ライダーゴースト 100の眼魂とゴースト運命の瞬間/劇場版 動物戦隊ジュウオウジャー ドキドキサーカスパニック!』の完成披露イベントが26日、「テレビ朝日・六本木ヒルズ 夏祭り SUMMER STATION」内ステージにて開催された。

今年で3年目を迎える「テレ朝夏祭り」では、連日人気番組とのコラボレーションによるアトラクション、飲食ブース、そして人気アーティストによるライブなどが行われているが、この日は『仮面ライダーゴースト』『動物戦隊ジュウオウジャー』の主要キャストと、『ゴースト』劇場版ゲストの木村了、沢村一樹が涼しげな浴衣姿で勢ぞろいし、ヒーローファンの親子連れの声援を集めた。

劇場版『ジュウオウジャー』は、宇宙全体をサーカスステージに作り変えようとする宇宙サーカス団の団長・ドミドルの野望を防ぐため、ジュウオウジャーが戦うという筋書き。サーカスの観客として、なんと1,000人ものエキストラを一般募集し、臨場感あふれる映像が作り上げられている。

一方、劇場版『ゴースト』では、仮面ライダーゴーストにそっくりな「ダークゴースト」が出現し、地球とは別の世界「英雄の村」に住む100人の「英雄」たちを眼魂(アイコン)に変えて「究極の眼魂」を生み出し、やがてすべての世界の人間をゴーストにしようと企むというストーリー。アルゴス/ダークゴーストを木村了、深海マコトの父・大悟/仮面ライダーゼロスペクターを沢村一樹が演じている。

風切大和/ジュウオウイーグル役の中尾暢樹は、「ジュウオウジャーとして初めての映画。エキストラさんが1,000人も集まってくださいました。劇場版ならではの壮大なスケールをお楽しみください」と、映画のスケール感を熱烈アピール。セラ/ジュウオウシャーク役の柳美稀は「最初は監督さんから言われたことをやるだけだったのが、最近ではアドリブを入れてみたり。ちょこちょこできるようになりました」と、テレビ放送の開始から半年が過ぎた現在の成長ぶりを笑顔で語った。

レオ/ジュウオウライオン役の南羽翔平は、「この髪型をしているときは、すぐ子どもたちから見つけられて『レオだ!』って声をかけてもらえますね。放送から半年たって、最初はタイミングを合わせにくかった全員そろっての変身も、今では息もピッタリで合わせられるようになりました」と、同じく演技面での成長ぶりを実感。タスク/ジュウオウエレファント役の渡邉剣は「撮影現場でスーツアクター、スタントの方々からアクションを教えていただくんですが、その成果を撮影で発揮できるのが楽しみで仕方ないです」と、当初は苦手なほうだったアクションが、今や楽しみに思えるほど経験を重ねたことを明かした。

アム/ジュウオウタイガー役の立石晴香は、「人間とは違う"ジューマン"というキャラクターをどう演じればいいか、最初はとまどいましたが、今ではネコ科っぽい姿勢や動きなどができるようになりました」と、役作りにも力が入ってきたとニッコリ。新加入の門藤操/ジュウオウザワールド役・國島直希は「最初はみんなに追いつかないと、と思って必死だったんですけれど、ようやく余裕を持ってできるようになりました。みんなが壁を作ることなく接してくれるのがありがたいです」と、初期メンバーとのチームワークも固いようだ。

そして天空寺タケル/仮面ライダーゴースト役の西銘駿は、「この映画は『ゴースト』一年間の集大成。最初に映画を観たときは、感動して泣いてしまいました」と、映画の出来栄えに満足した様子を見せたのち、「テレビで登場する偉人は15人でしたが、映画では、偉人が100人も実体化して出てきて、迫力満点のシーンになりました!」と、映画の目玉である「英雄の村」が見どころだと語った。

深海マコト/仮面ライダースペクター役の山本涼介は、「映画で大変だったシーン」を尋ねられ、「海で気を失っているシーンです。『本番』と言った途端に波が高くなり、溺れそうになったんですけれど、意識がない状態ですから動くこともできず、息を止めてがんばっていました」と、過酷な撮影秘話を明かした。

アラン/仮面ライダーネクロム役の磯村勇斗も撮影時の苦労話として、「セメント爆破を間近で体験したシーンが大変でした。けっこうな近さでドカーン!と来たので、かなりビックリした顔が映っているんじゃないかと心配です」と、爆発の恐怖を振り返った。

月村アカリ役の大沢ひかるは、テレビで眼魔相手に戦う姿勢を見せるなどアクティブなヒロインとして注目されているが、映画でもそのたくましさは変わらず。「最終決戦に行く前の道のりが険しくて、岩場を登ったり降りたり、大変でした」と、岩場での危険な撮影を回想した。コミカルな芝居で人気の住職代理・御成を演じる柳喬之は「映画で、初めてワイヤーアクションをやらせてもらいました。開始してまもないところなので、御成の頑張りを観てほしいです」と、自身の見せ場を強くアピールした。

映画のゲスト、アランの兄であるアルゴス/仮面ライダーダークゴーストを演じた木村了は、「僕が変身したダークゴーストは悪役のライダーですが、すごくカッコよくてトリハダたちましたね!」と、悪のライダー役に満足した様子。マコト、カノンが幼いころに離ればなれとなった父親・大悟を演じた沢村一樹は、「女性陣の浴衣姿はいかがですか?」と聞かれて、「浴衣は日本の発明品だと思っています。何がいいかというと、やはり"うなじ"なんですね。今日、集まった良い子のみなさんは"うなじ"という言葉を覚えて帰ってください」と、いきなりの"エロ男爵"ぶりを発揮。司会のテレビ朝日・加藤泰平アナウンサーから「みんな、覚えなくていいからね! 大きくなったら自然に覚えますから(笑)」と即座にフォローの言葉が入った。続いて、「仮面ライダーに変身した時の気持ち」を尋ねられた沢村は「変身は子どものころからの憧れですからね! 変身してみて気持ち良かったです」とさわやかな笑顔を見せ「テレビには出てこない映画だけの仮面ライダーが出てきます。この夏のいい思い出をご家族のみなさんで作っていただければ」と締めくくった。

最後には、西銘、中尾、木村、沢村の4名に「この夏、自分自身に宿題を課すとしたら、どんなことをする?」という質問が投げかけられた。西銘は「料理をする」と答え、料理上手な磯村に教えてもらいたいと希望を語った。中尾はジュウオウジャーの仲間たちとこの夏一緒に「花火」をしたいと回答。海が好きだという木村は「海」と答え、今年は下田のほうへ行きたいと宣言。沢村は「8月は『休みはない』と思って下さい」とマネージャーに言われた言葉を書き、宿題どころか休む間もない忙しさに苦笑いしていた。

映画『劇場版 仮面ライダーゴースト 100の眼魂とゴースト運命の瞬間/劇場版 動物戦隊ジュウオウジャー ドキドキサーカスパニック!』は8月6日より全国劇場にてロードショー公開。

(C)2016 劇場版「ゴースト・ジュウオウジャー」製作委員会
(C)石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映
(C)2016 テレビ朝日・東映 AG・東映

(秋田英夫)