28日、日中の外交関係は低迷しているが、経済は密接につながっていると米メディアが指摘している。資料写真。

写真拡大

2016年7月28日、日中の外交関係は低迷しているが、経済は密接につながっていると米メディアが指摘している。環球時報が伝えた。

米NBCは以下のように報道している。日中の外交関係は低迷しているが、貿易や投資においては密接なつながりを持っている。両国は1950年代からすでに貿易の協力関係にあり、当時日本は大量の工業製品や技術、専門家を中国に提供していた。中国の現代化に重要な役割を果たした。一方で、日本にとって中国は重要な原材料提供国であった。

日中は貿易において互いを補っており、ウィン・ウィンの関係を築いている。中国の自動車市場は日本にとって重要な存在だが、中国にとっては日本の農産品市場が同じくらい重要な存在である。

対外直接投資においても日中は緊密な関係で、日本にとって中国は依然として重要な投資対象国となっている。日本は全体の66%を中国の製造業に投資しており、中国人の賃金上昇にも影響した。

日中は政治での摩擦が絶えないが、中国人観光客の訪日観光を阻むことはできない。ある調査によると、中国人観光客が訪日の理由として挙げたのは、「アジアの先進国を見てみたい」「日本の美食を味わってみたい」だったという。(翻訳・編集/内山)