28〜32歳で結婚した人は、離婚する確率が低い。(統計結果)

写真拡大

あんまり考えすぎても婚期を逃すし、かと言って焦って失敗したくない。さて、いつまでに結婚しようかーー。

ユタ大学の社会学者Nick Wolfingersが2015年に行った統計の結果、5年以内に離婚する確率が最も低かったのは、30歳頃に結婚した人だったそうです。その以前と以後では年齢が離れるほど数値が上昇、U字を描くようにしてグラフの曲線が折り返しています。でも、一体なぜでしょう。

早すぎず、遅すぎず、
最も的確に判断が下せる?

「Welcome to Motto」は、この結果に対してこんな見解を書いています。

“お互いが本当にパートナーとして適しているのかを、ホルモンバランスの乱れなどとは切り離して、冷静に判断できる年齢と言えるのではないか”。

たしかに、人生経験が豊富になり、失敗を回避する感覚が養われるということはあるかもしれません。

32歳を超えてから、
毎年5%ずつ離婚確率がUP。

では、なぜ晩婚になりすぎると再度離婚する確率が増えてしまうのか。これについては、“趣味や衛生意識、ライフスタイル、人生の目的といった価値観を、相手に合わせて調整できなくなる”、との意見が。

もちろん、注意しなければいけないことはあります。45〜49歳の間が最も離婚する確率が低いとした、メリーランド大学のPhillip Cohenによる分析など、違った結果が出ています。そのため、あくまで目安の一例と捉えておく前提ではありますが、一理あるかも?

ちなみに、「Times」には離婚の確率を下げると考えられている要素が幾つか紹介されています。参考にしてみてね。

・お金や学歴がある。
・同棲前に婚約している。
・結婚前に子どもをつくらない。

Reference:Family Studies,Welcome to Motto,Family Inequality