写真提供:マイナビニュース

写真拡大

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は7月28日、サービス分野のロボットビジネスを創出できる人材育成を行う「ロボットサービス・ビジネススクール」を年内にも大阪工業大学内に開設すると発表した。

同スクールは、2017年春に開設予定の大阪工業大学の新キャンパスに設置される「ロボティクス&デザインセンター」を拠点とし、ロボットでイノベーションを起こすために必要なテクノロジー、デザイン、ビジネス的知見などを一体的に教育でき、大学、研究機関、企業および大阪府などの地方自治体などとの連携によって迅速な開発ができる場の形成を目指す。

2016年度は、e-ラーニングなどを活用した動画による教育を提供する予定。2017年度には、全国各地で同センターの機能を活用して、医療、福祉、モビリティ、インフラといった分野の企業から持ち込まれるロボットシーズおよびロボット事業化の課題を分析・抽出するとともに、デザイン思考による企業、学生、自治体職員などが入り交じったワークショップを全国各地で開催する予定となっている。

(周藤瞳美)