重ねない収納で、調理中のストレス軽減!お鍋収納の10個のコツ

写真拡大

毎日使うキッチン道具の中でも、収納スペースを取るものと言えば鍋類。用途に合わせていくつも用意していると、なかなかすっきりしまうことができないという悩みも出てきますよね。鍋類は重ねて収納しているケースが多いですが、さらにすっきり使いやすく収納したいならこれからご紹介する3つのコツを実践してみましょう!



元の記事を見る

鍋は立てて収納すれば省スペースで取り出しやすくなる!

■ フライパンスタンドで立て収納

コンロ下の深さのある引き出しを使って、鍋の立て収納を実践!こちらではニトリで手に入るフライパンスタンドを利用して、片手鍋や深さのある煮込み用の鍋などをすべて立てて収納しています。場所を取らないシンプルなスタンドなので、たくさんの鍋をしまうことができますね。

■ 100均ファイルケースを使って、種類ごとに立てて収納

100均で買える文房具用のファイルケースも鍋を立てて収納するのにぴったり!安定感があるので、一つのケースに複数の鍋を重ねて収納することができます。

■ 無印良品のファイルボックスもおすすめ!

無印良品のファイルボックスも鍋収納に使えます!幅15僂離汽ぅ困鬟船腑ぅ垢垢譴弌⊃写椶里鍋でも余裕で収納できちゃいますよ。

■ 100均プラスチックケースも◎
立てる収納には100均のプラスチックケースも便利です!お手持ちの鍋と収納する引き出しの幅に合わせて、仕切りに使用するアイテムを選んでみましょう。



■ 無印良品の仕切りスタンドを引き出しに並べて

無印良品の仕切りスタンドも、鍋収納に活用する人多数!引き出し内のスペースにびっちりと並べてもよいですが、あえて隙間を作っておけば、仕切りスタンドの幅と合わない大き目の鍋も立てて収納することが可能になります。

上段スペースを上手に活用して、収納スペース増!

■ 立てる収納にコの字ラックをプラスして収納スペースを増やす

先に紹介した立てる収納に組み合わせているのがコの字ラックを使った2段収納です。高さのあるシンク下などの空きスペースをうまく使うにはスタンド型のコの字ラックが便利。上下それぞれを収納に生かすことができるので、限られた場所を賢く使うことができますよ。

■ 段を作ってデッドスペースなしの収納テク

コの字型ラックがない場合は、突っ張り棒とワイヤーネットで、上手に収納スペースを作ることも可能です!好きな高さに設置ができるので、鍋の大きさや数に合わせて、コの字型ラックと組み合わせて使っても◎ですね。

鍋蓋も!迷子にしない・邪魔にならない収納アイデア

■ つっぱり棒が使える!ワンタッチ鍋ぶた収納テク

置き場所に困ってしまうことも多い鍋のふた。複数の鍋蓋をすっきり邪魔にならないようにしまうのに使えるのが100均でもおなじみのつっぱり棒。深さのある引き出しにつっぱり棒を取り付けて、できたすき間に鍋ぶたの取っ手を引っかけるようにしまいます。簡単だけどとっても便利なアイデアなのでぜひお試しを!

■ サイズ違いの鍋ぶたもらくらく収納・簡単自作ホルダー

鍋の形によって鍋ぶたの大きさもさまざま。そんなふた類を一気にコンパクトに収納するならこんな方法はいかが?こちらはシンク下の扉に100均グッズのネットを取り付けて、即席ホルダーにするアイデア。ここにそれぞれのふたを引っかけていくだけで楽に隠す収納ができちゃいます。

自宅にあるたくさんのフライパンや鍋類。すっきり収納を目指すなら今回紹介した3つのコツを意識して収納方法の見直し・点検を行ってみてはいかがでしょうか?同じスペースでも有効活用できれば今まで以上にコンパクトな収納が可能になるかもしれませんよ。ぜひお試しください。