写真提供:マイナビニュース

写真拡大

富士重工業は28日、モータースポーツ統括会社のスバルテクニカインターナショナル(STI)が、スバル「XV HYBRID」をベースとした特別仕様車「XV HYBRID tS」の先行予約を開始したと発表した。発売は今秋を予定している。

「XV HYBRID tS」は、「XV HYBRID」をベースに足回りを専用チューンし、外装・内装にも専用装備を追加したSTIコンプリートカー。「誰がどこで乗っても気持ちがよく、運転が上手くなるクルマ」をめざし、ハンドリングと乗り心地を高度に両立したほか、「XV」が持つ個性を際立たせる専用の外装・内装を採用することで、鮮烈な存在感を放つスポーティなSUVに仕上げている。

足回りは、フレキシブルタワーバーはじめとするSTI独自のパーツ類に加え、専用チューニングダンパー&コイルスプリングや高剛性クランプスティフナーなどを採用することで、ハンドリング性能と乗り心地を高度に両立させた。エクステリアには専用装備のフロントスポイラー、サイドアンダースポイラーやルーフエンドスポイラーにオレンジのピンストライプを施している。

インテリアでは、シート表皮にSTIロゴ入りの本革、ウルトラスエード(ブラック)、合成皮革(オレンジ)、トリコット(アイボリー)を組み合わせたシートやオレンジ色のステッチでカラーコーディネイトすることで、走りへの期待感や所有する喜びを感じられる特別な仕様としている。「XV HYBRID tS」の価格は332万6,400円(税込)。

(木下健児)