メガヒット作『花のあすか組!』を手掛けた漫画家・高口里純最新作『悪いキス』

写真拡大

 女性セブンで連載中のコミック『悪いキス』(作:高口里純)。第2巻・3巻が電子書店で同時配信されることを記念して、期間限定で第1巻を丸ごと無料で試し読みできるサービスを実施中だ。そこで、すでにハマっている人も、これからハマりたい人も、最初から『悪いキス』のストーリーをおさらいしよう。

「夜羽って、なんでこんなにモテモテなんっすか? おれの好きな沙弥ちゃんと、早々にベッドインしてしまって、嫉妬の嵐なんですけど…」

 これは、編集部の某スタッフ(40代・男性)の、嘘偽りのないボヤキ。確かに謎の医師・楊夜羽(ヤン・ヨハネ)は、キュレーターの須藤沙弥と会ったその日にホテルへ。大財閥の令嬢・龍王子思音(りゅうおうじ・もね)や、その姉で代議士の妻・水澤菖蒲(みずさわ・あやめ)までメロメロにしてしまうのだが…。(あ、ほかにもクリニックの看護師とチュー寸止めの場面もありました)

 女性を虜にする言葉やしぐさは、普段の、患者さんにほんわか優しい笑顔を投げかける医師の顔からは想像できないほどだ。しかしそれは、龍王子家に巧みに取り入り、狡猾に罠を仕掛けようとするゆえになせるわざだ。なぜそこまで龍王子家にこだわるのか、それには彼が経験した“地獄”のような生い立ちが関係している。第2・3巻で明らかになる重要なシーンを追いながら、説明しよう。

◆出生の秘密

 龍王子家といえば、病院やホテル、美術館などを手広く運営する、玉慈グループを率いる名家。夜羽──幼名・朝陽(あさひ)の母親である和子は、その玉慈グループ統括本部の受付嬢として働いていた。

 和子は恋人と別れた直後、グループ総帥である龍王子陽一に見初められ、図らずも不倫関係となる。やがて妊娠するが、陽一からは自分の子かどうかもわからないと、中絶を強要されてしまう。

 しかし、和子は会社を辞め、人知れず男児を産み育てた。男の子は「朝陽」と名付けられるが、これはかつて陽一が「本当は息子につけたかった」と語っていた名前だった。

 そんなある日、龍王子家の使いが現れ「朝陽は龍王子家で育てる」と、強引に引き取られてしまう。途方に暮れる朝陽だったが、いい子にしていれば、いつかはまた母たちに会えると言われ、寂しさを押し殺して、龍王子家になじもうとしていた。成績は学年トップで品行方正、陽一にもかわいがられ、陽一の妻・蓉子も朝陽を受け入れようとするのだった。

◆2人の朝陽

 ところがある日、蓉子は、自分が産んだ長男・壮一が、不出来ゆえに、「自分の子ではないのではないか」と陽一に疑われていることを知る。怒り狂った蓉子は、偶然にも朝陽と同じ名前・同じ年頃の少年を玉慈の病院内で見つけ、DNA鑑定を行う。そして彼こそ本物の陽一の息子だとするのだった。

 追い出されそうになった朝陽は事情がわからず泣いて陽一にすがるが、激しく突き飛ばされた勢いで、背中に大けがを負う。そればかりか、自分を迎えに来ようとしていた母と、優しかった義父が道中で事故死。しかも蓉子は、残酷にも焼け死んだ両親の亡骸を、朝陽に見せつけるのだった。

 帰る家をなくした朝陽が連れて行かれたのは、児童ポルノを生業にするようなやくざな養父母のもとだった。虐待を受けながら、そこにいた千恵とかばい合う朝陽。養父母は、カッとなって刀で朝陽を切りつけた。

 このことで、夜羽の背中にもう1つの深い傷ができるのだが、物語の随所で使われる羽根のモチーフは、まるで翼をもがれたような、夜羽の傷を象徴しているのだった。

 その後、どういういきさつか、楊麗杏という華僑に拾われた朝陽。どうにか生き延び、名前を夜羽と変え、米国でERの医師として第二の人生を歩んでいた。

 しかし、そこにもたらされたのは、かつて姉と慕った千恵の不審死という悲報。しかも自分とかつて入れ替わった少年・龍王子朝陽と千恵が恋人だったことを知る。またしても夜羽の人生は、龍王子家に翻弄され、ついには龍王子家への復讐を心に誓うのだった。

 まさに“地獄”を体験した夜羽は、手始めに龍王子思音の婚約者のスキャンダルをマスコミにリーク。続いて壮一の医師としての力量のなさを陽一に知らしめることで、跡継ぎ問題を浮上させ、龍王子家を掻き回していくのだった。

 夜羽によって掻き乱されて行くのは、龍王子家の2人の姉妹の心も同じだった。次女の思音も、長女で代議士に嫁いだ人妻の菖蒲も、夜羽の魅力に引き込まれていく。しかし、夜羽が本当に惹かれるのは…。

■今なら第1巻まるごと1冊、試し読みができるキャンペーン中(〜8月10日水曜)。「コミック小学館ブックス」ほか、各電子書店サイトにて配信中!
 
※女性セブン2016年8月11日号