シリア(難民五輪選手団)のユスラ・マルディニ AP/AFLO

写真拡大 (全2枚)

 開幕が迫ったリオデジャネイロオリンピックのメダルには、古代ギリシャの勝利の女神が描かれているという。ジャズミュージシャンの菊地成孔氏が女子アスリートのエロティシズムについて解説する。

 * * *
「一見簡単そうだが、実はものすごく難しいテーマ」というものがある。「信用できるダイエット理論はあるのか?」「心の病は、トラウマと脳とどちらが原因か?」「フェチやポルノの動画は、性犯罪を抑止するか、助長するか?」等々、そのほとんどが精神/身体、健康/病理という二項対立を扱っているが、その極点の一つに「(ここでは敢えて限定的に)女子アスリートの持つエロティシズム。とは何か?」があると思う。

 昭和には「健康的なヌード」というクリシェがあり、言葉とは裏腹に、淫靡な意味合い、つまり、あらゆる裸体が性的な欲情の目線で見られているとすると色々とよろしくないので、「これは健康的なのである。溌剌としていて、生まれたままの姿は純粋で、淫靡さが全くない」という合理化を行ったわけだが、この件を掘り下げ、「二次大戦前のドイツには〈裸体運動〉という、自然崇拝に基づいた一種のヌーディズムがあり、一時かなりの高まりを見せたが、ナチスはこれを〈退廃芸術〉としてヒステリックに弾圧して」等と始めると、第一には無駄に長い話になるし、第二には、『ESPNマガジン』誌が恒例としている「アスリートのヌード写真特集号」が、フェミニストから目立った抗議も受けていないことや、我が国の「かわいいヌード」「クールなヌード」感覚、古くはピーチジョンによる文革とも言える「女子目線のセクシー」等の定着により、余りに話が古く、カビが生えているかのように感じる。

 しかし実際、「この問題」は、欧州の裸体運動の昔から、どころか、アダムとイヴの楽園追放以降、一歩も進歩していないと私は思う。

「問題は〈欲情させるか、感動させるか〉だ」という人々がいる。なるほどこれは一見物分かりが良さそうに思える。体操選手の余りに見事な演技を見て、レオタード姿がいかに扇情的であろうと、開脚や屈曲を含む、あらゆるアクロバティックな四肢のポーズが、どれほどフェティッシュであろうと、そもそもが異形のレヴェルにまで鍛錬された肉体それ自体がすでにフェティッシュであろうと、ギリギリで感動が勝る。

 その瞬間こそが、他の女性の職業にはない「アスリートのエロティシズム」であり、さらに言えば、それは「健康的」で、フェミニズムにも抵触せず、国民的な、大手を振った共有物になる。 それならそれで良い。人類文化には絵空事や虚数導入が必須なのだからして、まったく文句はない。

 しかし、一切の躊躇なしではっきり書くが、私は女子アスリート動画や静止画を使って、場合によってはポルノメディア以上に自慰行為を行っているし、インターネットの世界には「アスリートフェチ」の広大なマーケットが広がっている。

 勿論、「性的な欲情が後退するか、霧散するかしてしまうほどに、その演技に感動してしまう」という事も多々ある。また、これは予測だが、「フェティッシュではない、健康的な肉体美フェチ」という何回もツイストした者も確実に存在していると思う。

 私のとりあえずの結論はこうだ。「エロティシズム、フェティシズム、セクシー」の「健康化(ヘルサライズ)」という問題はエッセンシャルすぎて、誰にも答えが出せない。そして、そのことを、最も強く、激しく問いかけてくるのが競技者であるアスリートの肉体、その躍動なのである。

【PROFILE】菊地成孔●1963年生まれの音楽家/文筆家/大学講師。音楽家としてはソングライティング/アレンジ/バンドリーダー/プロデュースをこなすサキソフォン奏者/シンガー/キーボーディスト/ラッパーであり、文筆家としてはエッセイストであり、音楽批評、映画批評、モード批評、格闘技批評を執筆。ラジオパーソナリティやDJ、テレビ番組等々の出演も多数。2013年、個人事務所株式会社ビュロー菊地を設立。

※SAPIO2016年8月号