夫婦げんかのタネになる温度設定、最新鋭のエアコンなら…(※イメージ)

写真拡大

 エアコンの温度設定は、よくある夫婦げんかのタネ。最新鋭機は、暑く感じる人だけに冷風を送るというので、さっそく試してみると──。

 家のエアコンが、まるで示し合わせたかのように次々故障したのは、去年の夏のこと。汗だくの熱帯夜を何日か過ごして、よくわかった。これまでドラム式だのサイクロンだの、新機能が目を引くほかの白物家電にときめいてばかりでごめんなさい。自分にとって真に大切な家電は、あなただったのね……。

 家庭用ルームエアコンは、国内で年間800万台前後(パナソニック調べ)の需要があり、ここ数年は増加傾向。1世帯に複数設置されることも多いだけに、景気や消費増税などには左右されにくい、白物家電の優等生らしい。

 その進化もけっこう大変なことになっている。まずは省エネ。電気代は昔のエアコンの約半分になったと言われ、エコや家庭の緊縮財政をバックアップ。ほかにも湿度コントロール、空気清浄機能、自動掃除機能など、最新技術を駆使した商品を各社は投入している。

 なかでもここ数年、各社が力を入れているのが、センサー技術だ。たとえば天井の温度まで見て部屋中を涼しくする「くらしカメラ4」(日立)、手先足先など人の細部の温度変化から快適さを判別する「ムーブアイ極」(三菱電機)など、各社自慢のセンサーを搭載することで、効率的に部屋の温度を調節。省エネ性能向上にも役立てている。

●真夏の温度設定バトル

 わかりやすいのが、西島秀俊がパパ役で出演するパナソニックのCM。まず庭仕事から部屋に戻ってきたパパと息子が言う。

「暑いな〜」

 部屋にいた妻が「そう? 涼しいよね〜?」と娘に同意を求める。で、カメラが引くとエアコンから暑がっている人にだけ冷風がしっかり突撃している。

 ちなみに寒がりの妻と、暑がりの夫のエアコンの温度設定バトルは、真夏の夫婦げんかの引き金あるある。たかがエアコンの温度設定とはいえ、相手を思いやらない、いつもの自己中が連鎖的に思い出されて、大げんかに発展するケースだってある。

●同室の8人まで検知

 人それぞれに快適な温度を提供する機能は、一触即発の夫婦にとっての救世主にもなりそう。いったい、どういう仕組みになっているのか。前述のCMのエアコン「WXシリーズ」をつくったパナソニックに聞いた。

「技術をわかりやすく説明したCM効果もあって、今年はとくに売り上げ好調です」

 顔をほころばせるアプライアンス商品部・宮代達さんによれば、センサーは大きく二つ。

「一つはエアコンの目にあたる『ひと・ものセンサー』です。まずこれが部屋の人の動きなどをキャッチ。次に赤外線カメラを搭載した『温冷感センサー』が、暑く感じているか、寒く感じているのかを計算して、各人が快適になる気流を送ります」

 室内の人の体温から気流などを自動的に変える機能はすでに各社が実用化しているなか、「温冷感センサー」がパナソニック2016年モデルの売り。人の体の表面温度だけでなく周囲の温度も測ることで、その人がどう感じているのかをより詳細に解析。体感に近い「暑い」「寒い」がわかるようになった。

 こうしてエアコンが人それぞれの感覚を認識して、風を強めたり、弱めたり。同室の8人まで検知できるそうだ。では、毛皮を着ているペットとか、ロボット掃除機は?

「物体の形や表面の温度などから、人とそうでないものを判別。まれに大型犬などは人と認識されることもあるかもしれませんが、ロボット掃除機はありえません」(宮代さん)

 試しに同社のプレスルームに設置してある温冷感センサー搭載エアコンに、私の検知をお願いすることにした。まず、そこらを10分ほどジョギングしたのち、コンビニでカップラーメンを買ってその場で完食。プレスルームに戻って、息切れしながら、エアコンの近くに座ってみる。カモーン!

「しっかり認識するといいのですが、ビルの空調もあるのでどうでしょう」

 そう言う宮代さんの心配もよそに、30秒ほどすると二つのセンサーが、赤外線カメラに(たぶん)真っ赤に映っている自分を発見。一気に涼しい風を送ってきた。たとえ相手がエアコンでも、気持ちを認めてもらえるっていい気分。うちの夫、聞いてます?(ライター・福光恵)

AERA 2016年8月1日号