27日、中国メディアの観察者網は安倍首相が掲げた28兆円規模の経済対策で日本経済を救うことができるかについて分析する記事を掲載した。これに対して中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。

写真拡大

2016年7月27日、中国メディアの観察者網は安倍首相が掲げた28兆円規模の経済対策で日本経済を救うことができるかについて分析する記事を掲載した。

記事は、安倍晋三首相が27日、福岡市で講演した際、政府による経済対策が「事業規模で28兆円を上回る総合的かつ大胆な経済対策」となることを表明したと紹介。これは実質的なばらまき政策であり、その効果には専門家からも疑問視されていると伝えた。その上で、アベノミクスが提唱されてからその効果に対する疑念の声は絶えず、物価上昇率2%の目標もいまだに達成できていないと指摘。安倍首相の掲げる経済政策の効果性に疑問を投げかけた。

このニュースに対して中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

「28兆円どころかその100億倍でも日本を救えないさ」
「子供を産まなければ1000兆円ばらまいても無駄だよ。ベネズエラやジンバブエのようにインフレを起こすだけだ」

「日本の税収は60兆円なのに支出は100兆円。4割は国債で賄っているのに、経済刺激策の財源はどこなんだ?」
「また日本円をたくさん刷るんだろう」

「日本はほぼすべての手を使い果たしただろ。もう日本に残されている時間はわずかしかないな」
「安倍首相は徹底的に日本を売国する気のようだ」

「日本のように高齢化したらどんな刺激策も効かないだろ」
「日本が危機を脱する唯一の方法は子供をたくさん産むことだと思う」(翻訳・編集/山中)