25年間も片頭痛で苦しんできた女性、2つの食品を断つことで奇跡的に治る

写真拡大

非常に長い間、片頭痛で苦しめられてきた女性が、ある食品を食べないことで治ったというエピソードが話題となっている。

ひどい痛みで病院へ搬送されたことも

女性はイングランド東部にあるリンカンシャー州を拠点に、ケータリングの会社を経営するAndrea Hensonさん(46)。

彼女は25年もの間、ひどい片頭痛に悩まされてきたという。

過去には激しい痛みに襲われて塞栓症を疑われ、病院に担ぎ込まれたこともあったとか。しかし、原因はわからないままだった。

医者は非常に強い片頭痛の薬を処方していたが、それを服用できるのも月に4回まで。

そのため薬だけに頼ることもできず、仕事の時はわざと忙しいふりをしながら痛みを紛らわしてきたそうだ。

牛乳とコーンをうまく消化できない

ある日、ケータリングという食べ物を提供する仕事の性質上、食物不耐性の検査を受けるよう偶然勧められる。

検査の結果、彼女は牛乳とコーンに食物不耐性のあることが発覚。

それらが片頭痛の原因と考えられたため、以来摂取を避けているという。

酵素の不足で起きる食物不耐症

食物不耐症とは、非アレルギー性の食物過敏症のこと。

食物アレルギーは免疫にかかわるものだが、これは特定の食物を分解するための酵素の欠如や不足から引き起こされる。

そもそも人は食べ物を摂取した後、消化や吸収などの代謝を行うが、これに必要な酵素は食物ごとに決まっているそうだ。

そしてある特定の食べ物を摂取した時に、それを分解する酵素が不足しているとうまく消化できず、結果として疲労が溜まったり、頭痛が起きたり、体に何らかの異変が生じたりするという。

牛乳やコーンの摂取を止め、片頭痛が止む

Andreaさんの場合も、牛乳やコーンを消化する酵素が不足していると考えられており、それらを摂取しなくなって以来、長い間続いていた頭痛がピタリと止んだとされている。

長い間、原因が分からずに体の不調を訴えている人は多い。

無論、頭痛の原因が食物不耐症かはまだ完全に明らかになったわけではないようだが、偶然検査を受けて痛みが止まったAndreaさんの例は幸運なケースと言えるのかもしれない。