写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ルノー・ジャポンはこのほど、1.2リットル直噴ターボエンジンと6速EDCを搭載した「カングー ゼン EDC」と、このエンジンに6MTを組み合わせ、装備を簡略化して低価格を実現した「カングー アクティフ 6MT」を発売した。

「カングー」のラインアップには1.2リットル直噴ターボエンジンと1.6リットルエンジンがあり、今回追加された2モデルはいずれも1.2リットル直噴ターボエンジンを搭載。このエンジンは小排気量ながら2.0リットルエンジンに匹敵する性能を発揮する。

「カングー ゼン EDC」はこのエンジンに6速エフィシエント デュアル クラッチ(EDC)を組み合わせ、イージードライブとスポーティな走りを両立。「カングー アクティフ 6MT」は同じ直噴ターボエンジンに6速マニュアルトランスミッションを組み合わせた。すでに直噴エンジンと6MTを組み合わせた「カングー ゼン 6MT」がラインアップされているが、「カングー アクティフ 6MT」では装備を見直し、より低価格を実現している。

価格は「カングー ゼン EDC」が259万円、「カングー アクティフ 6MT」は「カングー ゼン 6MT」を12万円下回る235万円となっている(価格はともに税込)。

(山津正明)