一世を風靡“サン牧”終了発表「サービスを提供し続けることが困難」。

写真拡大

mixiなどで展開し、一世を風靡した牧場育成シミュレーションゲーム「サンシャイン牧場」が、8月26日をもってサービス終了すると発表した。理由は「お客様にご満足いただけるサービスを提供し続けることが困難な状況であるとの結論」と説明している。

「サンシャイン牧場」は、ユーザーが牧場の経営主になり、作物や家畜の収穫を行っていくゲーム。2009年8月26日にmixiでサービスを開始すると、たちまち人気ゲームとなり、その後、モバゲーやハンゲームなどにも展開した。

今後のスケジュールとしては、7月28日12時以降は有料アイテムの販売をストップ。8月26日12時をもってゲームサービスおよびメールサポート受付・対応を終了する。

なお、現在手元にある未使用のゲーム内通貨については、サービス提供終了以降に残っている場合でも「返金および換金はいたしかねます」とのことだ。