暑い季節になるとどうしても食べたくなってしまうのが、アイスクリーム。コンビニやスーパーには次々と新作が並べられ、誘惑を感じない人はいないのではないでしょうか。でも女性ならばやっぱりパッケージで確認してしまうのが、カロリーの数値……。

そこで、低カロリーで美味しいアイスを、最新で発売された種類も含め一挙にご紹介します。

■1:『まるでマンゴーを冷凍したような食感のアイスバー』(セブン-イレブン):106kcal

セブン-イレブン限定で販売が開始され、さっそく美味しいと評判になっているアイス。本格的なマンゴー味を楽しめるのに、低カロリーで女性にもうれしい限りです。

■2:『スウィーティオ果汁100% パイナップルアイスバー』(Dole):89kcal

おなじみDoleから登場している、同アイスシリーズ。筆者がチェックしたパイナップル味のアイスは、パイナップルをそのままかじったような果実味あふれるテイスト。なのにカロリーは100kcal以下と、大満足。

■3:『パピコ シチリアレモン』(グリコ):72kcal

シャーベット状のアイスをチューチューと吸って食べる、昔からある人気アイスのひとつ。『シチリアレモン』は72kcalですが、『チョココーヒー』と『大人の濃い苺』は88kcalです。

ただし注意したいのが、このカロリーは1本あたりのもの。1袋2本入りのため、2本とも食べてしまったら2倍のカロリーを摂ることになります。

■4:『ガリガリ君 ソーダ』(赤城乳業):69kcal

コンビニアイスの定番、ガリガリ君は低カロリーで有名。ちなみに69kcalはソーダ味で、レモン味は71kcal、コーラ45kcal、いちごサワー66kcalです。

■5:『みぞれ いちご』(森永製菓):60kcal

昭和のような昔懐かしいパッケージの『みぞれ』。夏祭りの屋台で売られているかき氷を、そのままカップに詰めたようなシンプルな味わいの分、カロリーも低く済みます。

ただ、同じ『みぞれ』シリーズでも、『練乳がけ金時』や『コーヒーフロート』は100kcal以上になります。

■6:『5種の贅沢果実BAR』(丸永製菓):58kcal

ローソン限定で発売されたばかりのフルーツアイスバー。マスカット、ビワ、キンカン、ブドウ、グレープフルーツの5種類のフルーツがミックスされていて、爽やかな食感と味わいが癖になりそうです。

■7:『アイスボックス グレープフルーツ』(森永製菓):13kcal

クラッシュした氷をそのままザクザクと噛み砕くように食べられる『アイスボックス』は、驚きの1カップ13kcal。

期間限定で発売中の『アイスボックス 濃い果実氷 巨峰』でさえ48kcalで済むので、これなら罪悪感なんて感じることなく食べられます。

ここで紹介したアイスは、7つのうち6つは100kcal以下。その程度なら、ちょっと疲れたときや暑いときに食べたって許されるはずですよね。ぜひ参考にして、理想のボディをキープしてみてください。

【関連記事】

【−10堊蕕擦拭杙笋侶秧笋掘朝食用からジュレ風まで「寒天」活用法