着け心地の安定感と高音質を両立

写真拡大

各種オーディオ製品を扱うハーマンインターナショナル(東京都台東区)は、オーストリア「AKG(アーカーゲー)」製イヤホン「N40」を2016年8月上旬に発売する。

CDを超える高音質のハイレゾ(ハイレゾリューション・オーディオ)音源に対応。中高音域用と低音域用の2つのドライバーを搭載した「2WAYハイブリッドテクノロジー」を採用し、10Hz〜40kHzの幅広い帯域をカバー。従来以上に原音に近い音質の再生を実現したという。

接続コネクターが「MMCX」端子の脱着式ケーブルを採用し、市販のケーブルへの"リケーブル"を楽しめるほか、断線時にはケーブルのみの交換で対応できる。耳掛け式により装着強度や密閉度が高く、安定した着け心地と遮音性の確保に加え、ケーブルが衣服などと擦れることで生じるタッチノイズも軽減する。

接続する機器や音楽の特性に合わせ、3つのフィルターの付け替えにより好みの音質に調整できる「メカニカル・チューニング・フィルター」を装備する。

ストレートケーブル、Android/iOSの切り替え可能な4極プラグ対応マイク付きリモコンケーブル、イヤーチップ(XS/S/M/L)、専用キャリングケースなどが付属する。

「ハーマン公式通販サイト」での直販価格は4万5880円(税別)。