帰省の往復交通費の予算は? ※自宅から帰省先までの交通費一人分 [自由回答] n=300

写真拡大

 梅雨が明ける前後、そろそろ気持ちは旅行や帰省、という人も多いだろう。最安値比較サイト「格安移動」を運営するLCL(東京)によると、帰省予算の全国平均は3万1,560円だそうだ。

 公共交通機関「高速バス」「飛行機」「新幹線」を利用して帰省する予定の、首都圏に住む300人を対象にしたアンケート調査。距離に比例してか、平均予算が最も高い帰省先は九州地方で、5万4,560円だ。帰省のピークは8月10〜13日。予約はいつ頃しているかというと、飛行機を利用する人は、出発日の42日前、高速バスや新幹線を使う人は20日前というから、多くの人が6月末〜7月にかけて夏休みの日程を決めている感じだ。交通費が割高な帰省シーズン、半数以上が「価格」を比較して交通手段を予約しており、9割以上がネットを使っていた。

 ちなみに、3つの交通手段のうち、一番低予算ですむのはやはり高速バス。飛行機や新幹線と比較すると、半額〜3分の1だ。もっとも、時間がかかるなど迷うところ。「価格が安いので夜行バスがいいけれど腰が疲れる。新幹線も腰は疲れるが到着が早い。なのでどちらも疲れるな・・・でも時間は短いし・・・」(27歳女性)飛行機は「日にちによって料金の相場が違うのでどの便で帰るか悩む」(33歳男性)など、悩みどころもそれぞれのようだ。皆さま、良い夏休みを!