巨大すぎるワンコがギネス記録に挑戦中!怖がり屋さんでマニキュアを塗られるのが好き

写真拡大

世界で最も背の高い犬として、ギネス記録に申請中のワンコが話題となっている。

7歳の子供と同じ高さの犬

そのワンコとはイギリスのサウスウェールズで暮らす「Major」。3歳になるオスのグレート・デーンという犬種で、体重は76kgもある。

足元から肩までは1.02m、頭までは1.20mもあり、7歳の子供の平均身長と同じ高さだという。

その「Major」が現在、世界で最も背の高い犬としてギネスに申請。発表は来月とされている。

Twitter/TheAntonSavageShow

Twitter/TheAntonSavageShow

これまでの王座は空席のまま

これまでギネス記録を持っていたのは、アメリカのアリゾナ州で暮らしていた「Giant’ George」と呼ばれた犬。

足元から肩までは1.09mあり、体重も108kgあったとされている。

しかし「Giant’ George」は3年前に死去。そのため世界一の座は空席のままになっているそうだ。

怖がり屋さんでマニキュアが好き

「Major」の飼い主であるBrian WilliamsさんとJulieさん夫妻によれば、「Major」は優しい性格で世話をするにも手がかからず、問題を起こしたこともないという。

そして意外にもとても怖がり屋さんで、自分の影に怯えることもあるとか。

また爪にマニキュアを塗ってもらうのが好きで、さらに1日に22時間近く大人用のマットレスでうたた寝をしているそう。

ギネス記録にこだわりはない

実はギネス記録に関しては、Brianさんたちにはこだわりがないようだ。これまでも何かを競うような大会に、「Major」を参加させてはこなかったという。

しかしソーシャルメディアを通して「Major」のことが話題となり、多くの人に勧められたため、今回ギネスに申請することになったとしている。

BrianさんはWalesOnlineへの取材に対し「Majorは本当に素晴らしい動物です。人々は彼を眺めるのが大好きなんです。Majorは世界で最も温かい心を持った犬なんですよ」と語っている。

BrianさんとJulieさんにとってはギネスよりも、いつまでも長く「Major」と一緒に暮らすことの方が大切なのかもしれない。