参院議員・青山繁晴氏 鳥越俊太郎氏の演説を一刀両断「内容がむちゃくちゃ」

写真拡大

28日配信の「真相深入り!虎ノ門ニュース」で、参議院議員の青山繁晴氏が、鳥越俊太郎氏の演説内容に「愕然とした」と発言する一幕があった。

番組では「小池氏優勢 増田氏・鳥越氏追う 終盤情勢分析」と題し、投開票が今週末に迫った都知事選を取り上げた。青山氏は、選挙戦序盤は小池百合子氏と鳥越氏が競り合い、増田寛也氏が追う構図であったと戦況を分析したが、終盤になるに連れて「鳥越さんが自滅していった」と指摘する。

そして自滅の理由について「まず演説の中身が、みんな愕然とした」と斬り捨てたのだ。続けて「これは鳥越さん個人の問題ではない」「日本のジャーナリズムはこの程度のものかというのを満天下に晒したわけですよ」と厳しい言葉を続けた。

青山氏は、鳥越氏が25日の伊豆大島の選挙演説において、「都の権限ではない」としつつも「大島限定」で消費税率を5%に引き下げるアイデアを披露した件に触れ、「むちゃくちゃな話」「そういうことを行く先々で言う人が都知事になったら、行政できませんよ」と批難した。

また青山氏は、週刊文春が報じた鳥越氏の疑惑についても言及。鳥越氏が疑惑について、依然として沈黙を貫いていることに触れ、「記事は深刻だけども、いずれにせよ本人が一切説明できない、しないっていうのは、(選挙戦に)すごい響いている」と指摘していた。



【関連記事】
森永卓郎氏 都知事選不出馬の橋下徹氏に痛烈な一言「金の前にひざまずいた」
鳥越俊太郎氏 フジテレビ「Mr.サンデー」で事実と異なる発言か
明石家さんまが選挙の投票率に持論「日本が乱れれば政治に関心持ちますよ」