定番「コールドプレスジュース」の意外な楽しみ方

写真拡大 (全4枚)

コールドプレスジュースは、加熱することで失われてしまう酵素や栄養素を活かしたまま、素材本来の栄養素をしっかりいただけるのが人気です。
ただ、保存料などが入っていない分、当日ピックアップしてその日のうちに飲まなければなりません。
でも、凍らせてしまえば大丈夫。フローズンで、より手軽になりました。
手軽で効果的に取り入れるなら
素材と製法にこだわり、日本各地の生産者さんから直接取り寄せる野菜や果物を中心に、毎日店内でコールドプレスジュースを作っている日本初のコールドプレスジュース専門店「サンシャインジュース」。
ジュースクレンズのプログラムも気になりますが、店舗が近くにないとピックアップに行くのが大変ですよね。
24パック/10,368円、12パック/5,184円(すべて税込)
自宅に届けてくれれば助かるのになんて思っていたら、なんとオンラインストアでも購入できる「フローズンジュース」がありました。
冷凍クール便で届き、そのまま冷凍しておけば、製造日からなんと1年間も保存が可能です。
飲む直前に流水で解凍するだけと簡単です。間違ってもお湯は使わないように。せっかくのコールドプレスが台なしになりますから。
野菜不足を解消。こんな使い方も

解凍して、そのままコールドプレスジュースとしてもいただけますが、スムージーにプラスすることもできます。アーモンドやフルーツと一緒にグラノーラにトッピングすることもでき、朝食にもぴったり。
フレーバーは4種類あり、ニンジンや生姜の入った「ザ・ルーツ」は、なんとお鍋に入れるとおいしいのだとか。エアコンで冷えた日に試してみたい一品です。
料理の隠し味にもおすすめ
ビーツ&りんごの「ブラッディビーツ」は、カレーの隠し味にもおすすめだそう。これも暑い夏にぴったりですね。
いちどフレーバーを試したら、そのあとお料理のアレンジを考えるのも楽しそうです。
お好みでアレンジでき、しっかり野菜や果物の栄養が摂れるフローズンジュースは、夏バテ予防にはもちろん、忙しい人にも便利。
これなら、好きなときにジュースクレンズにトライできそうです。
[SUNSHINE JUICE]

この記事を気に入ったら、いいね!しよう。
Facebookで最新情報をお届けします。