薄着の夏だから気をつけたい!襲われやすい女性の服装と特徴

写真拡大

夏は肌の露出が増える季節だ。だが、時に露出度の多い服を着る女性に対し、目のやり場に困るという男性側の意見もある。それどころか不用意に男性を煽ってしまい、襲われてしまうリスクもある。そこで心理学者の内藤誼人先生に、男性を興奮させてしまう服装の特徴や暴漢に襲われないために女性が気をつけるべき点をお聞きした。

■男性の目が行きやすい夏の服装

夏の女性の服装で目をひきそうなトップスといえば、キャミソール、タンクトップ、両肩が出ているオフショルダー、そして今年のトレンドである背中が大きく開いた服ではないか。

さらにボトムスはミニスカート、ホットパンツ、体のラインがくっきりと出るストレッチパンツ。ほかにもワンピース、浴衣があると思うが、それらのうち男性の目を不用意に引き付けてしまうものは何だろうか?

「基本的に、男性は『下』より『上』を見る傾向があるので、トップスのほうが目を引くでしょうね」(内藤先生)

どうやらトップスが全般的に男性の目を引いてしまうようである。ちなみに筆者の予想では、てっきり生足が拝める(?)ミニスカートに軍配が上がると思っていた。いずれにせよ、こうした男性の習性を踏まえた服選びが大切だ。

■男性が興奮する共通ポイント

ちなみに、男性を煽る色はあるだろうか? 以前、「色彩心理学からみたセクシーさをアピールできる色とは?」という記事では赤がセクシーさをアピールする色であると紹介したが、赤色のトップスを着ていると、男性を不用意に興奮させてしまうのだろうか?

「露出度の面積によります。胸元が見えすぎるとか、背中が空きすぎているとか、あまりに露出が多いと興奮させてしまうでしょう。肌をなるべく露出させないものであれば、男性も興奮しません」(内藤先生)

どうやら問題は、色よりも露出の面積のようだ。

これは余談だが、男性は身長が高いため、服の隙間からふと女性の下着が見えてしまい、不用意な興奮につながることもあるという。女性の皆さんはなかなか気づきにくいかもしれないが、隙間があると感じる服を着る時は改めて確認してみてもいいかもしれない。

■暴漢に襲われそうな女性の特徴

ところで、夏は日が長いことで、帰宅がつい遅くなってしまうこともあると思う。

あまり想像したくない話だが、心理学的観点からみて、暴漢に襲われてしまいそうな女性には、どういう特徴があるのだろうか? 前段で紹介したような露出の多い服であると襲われやすいのだろうか? 内藤先生に服装および体型を含め、外見的な特徴や行動で考えられることを教えていただいた。

「南カリフォルニア大学のジェニファー・マージンスキという心理学者が、女性が歩いているビデオを警察官に見せ、『どれくらい襲われると思うか?』と尋ねる実験をしてみました。その結果、歩幅が狭い(ちょこちょこ歩く)人ほど、男性をそそってしまうらしく、襲われやすいことが判明しました」(内藤先生)

なんと、それを証明する実験結果があるとは……。さらにこの実験結果には、こんな続きがあるという。

「また、横方向への体重移動(いわゆるお尻を振るような感じ)の歩き方もそうでした。さらに、片手だけを少し高く上げて歩く、といった人も襲われるリスクは高くなります。結論からすると、普通の歩幅で、男性的に歩き(お尻を振らないように)、手の振りも左右で同じようにすれば、襲われにくくなるでしょう」(内藤先生)

言われてみれば、男女で歩き方は若干違う気がする。男性のズコズコとした歩き方と違って、ヒールを履いてカッカッと歩く姿の方が、女性らしさを感じる人も多いのではないか。

また、男性は揺れるものに目が行きやすいと聞く。これは男性が、狩猟で獲物を射止めてきた本能と関係があるのかもしれない。

以上、各ポイントを踏まえておくと、露出が増える夏でも安全に過ごすことができるだろう。

「教えて!goo」では「防犯対策としてどんなことをしていますか?」ということで、皆さんの回答を紹介中だ。

●専門家プロフィール:内藤 誼人
心理学者、立正大学客員教授、有限会社アンギルド代表取締役。慶應義塾大学社会学研究科博士課程修了。「すごい!モテ方」(廣済堂)、「アドラー心理学あなたが愛される5つの理由」(ぱる出版)他、著書多数。

柚木深つばさ(Yukimi Tsubasa)