舞台『弱虫ペダル』第9弾の主人公は葦木場拓斗 イラスト版キービジュアル公開

写真拡大

9月30日(金)から上演される舞台『弱虫ペダル』〜箱根学園(ハコガク)新世代、始動〜のイラスト版キービジュアルが公開されました。シリーズ第9弾となる今作は、主人公・小野田坂道が在籍している総北高校のライバル・箱根学園にスポットを当てた物語。葦木場拓斗をはじめとするキャラクターを描いたイラストには、サブタイトルを象徴するように、再びインターハイの王者を目指す“新世代”のメンバーがそろっています。

「舞台『弱虫ペダル』主役に葦木場 」の写真・リンク付きの記事

▽ 舞台『弱虫ペダル』公式サイト

舞台『弱虫ペダル』は、マーベラスの制作で2012年から上演され続けている人気シリーズ。渡辺航さんが「週刊少年チャンピオン」(秋田書店)で連載している自転車ロードレースマンガ『弱虫ペダル』を原作に、西田シャトナーさんによる斬新な脚本・演出と俳優陣の熱演で自転車競技の熱い世界観を表現しています。

シリーズ第9弾となる舞台『弱虫ペダル』〜箱根学園(ハコガク)新世代、始動〜は、2m2cmという長身のクライマー・葦木場拓斗を中心とした内容に。キャプテンとして新たにチームを引っ張っていく泉田塔一郎や黒田雪成、真波山岳、銅橋正清をはじめ、インターハイを走り抜けた福富寿一、荒北靖友、東堂尽八、新開隼人も登場します。新開隼人の弟に当たる新開悠人は、舞台シリーズ初登場。総北高校からは、新たにキャプテンを務める手嶋純太と副キャプテンの青八木 一が参加します。

まさに新世代を感じる同作では、先代から役を受け継いだ新たなキャストも多数出演。葦木場拓斗を演じる東 啓介さんは、今作で初座長を務めます。東京公演は9月30日(金)から10月2日(日)まで、大阪公演は10月7日(金)から10月10日(月・祝)まで上演。チケットの販売スケジュールはサイトをどうぞ。

舞台『弱虫ペダル』〜箱根学園(ハコガク)新世代、始動〜

(c)渡辺航(週刊少年チャンピオン)2008/「弱虫ペダル」GR製作委員会2014
(c)渡辺航(週刊少年チャンピオン)/マーベラス、東宝、トムス・エンタテインメント

<公演概要>
  • 東京公演:TOKYO DOME CITY HALL
    • 2016年9月30日(金)〜10月2日(日)
  • 大阪公演:オリックス劇場
    • 2016年10月7日(金)〜10月10日(月・祝)
<キャスト>

葦木場拓斗:東 啓介
泉田塔一郎:河原田巧也
黒田雪成:秋元龍太朗
真波山岳:谷水 力
銅橋正清:兼崎健太郎
新開悠人:飯山裕太

福富寿一:前田剛史
荒北靖友:木戸邑弥
東堂尽八:佐藤祐吾

手嶋純太:鯨井康介
青八木 一:八島 諒

新開隼人:宮崎秋人

パズルライダー:一瀬 悠、掛川僚太、河野智平、村上 渉

<スタッフ>

原作:渡辺航『弱虫ペダル』(秋田書店「週刊少年チャンピオン」連載)
演出・脚本:西田シャトナー
音楽:manzo
Twitter:@y_pedalstage