『彼岸島 デラックス』 ©2016「彼岸島」製作委員会

写真拡大

映画『彼岸島 デラックス』の場面写真が公開された。

【もっと画像を見る(11枚)】

場面写真では、白石隼也演じる宮本明が刀を構える様子や、鈴木亮平演じる兄の篤が赤目で牙を剥き出し、ヴァンパイア化した姿、2人が対峙している場面に加え、CGで表現された巨大モンスター・邪鬼の様子、篤と明の「師匠」と呼ばれる身長262cmの怪力・青山龍之介の姿などが確認できる。

10月15日から東京・新宿ピカデリーほか全国で公開される『彼岸島 デラックス』は、松本光司によるサバイバルホラー漫画『彼岸島』をもとにした作品。吸血鬼や邪鬼がはびこる孤島・彼岸島を舞台に、姿を消した篤を探すために島を訪れた明が化け物たちと戦う様を描く。