オートモビル カウンシル実行委員会は、8月5日から8月7日までの3日間、日本国内外の自動車メーカー9社とヘリテージカー専売店19社が一堂に会し、日本の自動車マーケットをけん引してきた80台を超える往年の名車を展示・紹介・販売する日本では初めてのヘリテージカー・イベント『オートモビル カウンシル2016』を開催する。会場は、千葉県千葉市美浜区の幕張メッセ2-3ホール。

■テーマは、「クラシック・ミーツ・モダン」

世界の自動車産業は、2度の大戦を経て、1950年以降、数多くのブランドフィロソフィーが生まれ、著しい発展を遂げた。オートモビル カウンシル実行委員会は、大きく開花したこの時期以降に登場したクルマを、将来にわたって継承される「ヘリテージカー」と位置付ける。

オートモビル カウンシル2016

『オートモビル カウンシル2016』では、メーカーは自社のヘリテージカーと最新のモデルを同時に展示し、各々のブランドフィロソフィーを語りかけるとともに、クルマの魅力を多くの人々に訴えていく。

国内メーカーは、本年で生誕50年を迎える我が国を代表する国民車『カローラ』の初代モデルと生誕50年記念限定車、新型『インプレッサ』のプロトタイプと、水平対向エンジンの初期型と最新型、本年春のニューヨーク国際自動車ショーに出品されたスポーツカーなどが国内で初めて一般公開される。さらに、外国メーカーでは、これまでweb上でしか見ることのできなかった、本年秋に欧州で発売予定の『ABARTH 124 spider』、レーシングテクノロジーを満載した『VOLVO S60 Polestar』、今年、ジュネーブで公開され話題となった最新モデル『McLaren 570 GT』などが国内では初めて一般に公開される。

■ヘリテージカー専売店が蘇らせた名車の販売、ヘリテージカーの魅力を倍増するクラブやグッズも

ヘリテージカー専売店は、世界中の人達のあこがれの名車を展示・販売。さらにヘリテージカーに関連する書籍、モデルカーや玩具、アパレル商品の販売、ヘリテージカー・ライフをサポートするオーナーズクラブや各地で開催されているイベントなどを紹介する。

日本の自動車文化の発展に携わってきたさまざまなステークホルダーによる講演やトークショーが開催される。欧州の著名カーデザイン会社で活躍する日本人デザイナー、欧州の自動車メーカーが原点とするデザイン・ポリシーなどが語られる。さらには、男性のファッションやライフスタイルから見るクルマの魅力など、国内トップジャーナリストがヘリテージカーの魅力を語る。

関連情報

http://automobile-council.com/

文/編集部