押尾学さんの情報商材の販売は一体何だったのか? 「アフィリエイトの師匠」が語るカラクリはこれだ!

写真拡大

以前の記事で、元芸能人である押尾学さんが情報商材ビジネスを始めたことをお伝えした。過去に類を見ない衝撃的なあのキャンペーンはその後一体どうなったのか? 事情通としてインタビューに答えた私(耕平)には、それを調べる義務がある。

そこで今回、私のアフィリエイトの師匠でもあり、月収数百万を稼ぐ知る人ぞ知る業界の重鎮、『阿富利 英太(あふり えいた)』氏(仮名、47歳)をお迎えして、あのキャンペーンの全貌を伺うことにした。

・『押尾学さん推薦のFXスクール』の一部始終

── お久しぶりです。早速ですが『押尾学さん推薦のFXスクール』のセールスプロモーションはご覧になられましたか?

阿富利氏「見たよ。あれは私もド肝を抜かれた。何と言ってもあの押尾学だからね。実際、この業界で過去に芸能人とタイアップしたキャンペーンは無かったわけではないんだけれど、微妙な知名度の人ばかりでここまでの大物はいなかった。潜入調査を兼ねて、さっそくメルマガに登録したよ」

── 阿富利さんもこれまでプロダクトローンチを数件手掛けたことがあると聞いていますが、今回のセールス手法はどのようなものだったのでしょうか?

阿富利氏「まずは集客方法。刑務所を出所してから消息が不明だった押尾学が “ワンクリックで月300万円稼いでいる” という切り口だね。良くも悪くも、興味本位でつい登録してしまう。実際にかなりの登録数があったらしい。あれが知名度のないアイドルの卵だったら、こうはいかないと思うよ」

── 阿富利さんをも唸らせる集客手法だったということですね。確かに押尾学さんのネームバリューだったらメルマガ読者も集まりそう。実際、紹介したアフィリエイターの報酬が気になるところですが……。

阿富利氏「私はこの案件に関わっていなかったから、同業者に聞いた話になってしまうんだけど、1件あたり最大で1500円だったらしい。要するに1通のメルマガを配信して100件登録があったら15万円になる。何ともおいしいビジネスだよね。しかも無料で登録できるわけだし。実際、有名どころのアフィリエイターがこぞって紹介していたよ」

── なるほど……。その後のセールスの流れはどんな感じだったのでしょうか?

阿富利氏「メルマガで全5回動画が配信されるんだけど、基本的には押尾学ゴリ押しの内容だね。まず押尾学が “今だから話せる真実” というテーマで逮捕されてからこれまでのことを語り始める。

内容は刑務所での暮らしや出所後の生活などの苦労話から始まり、絶望の淵に立たされた時に救ってくれた恩人の話につながっていく。その恩人というのがFXの師匠と呼ばれる人で、師匠に弟子入りしたらワンクリックで月収300万円稼げるようになった……というストーリーだった。そういえば『1日密着取材』なんていうのもあったかな?」

── それであなたも押尾学さんが成功した、そのFXスクールに入りませんか? というようなセールスが始まるということですね。

阿富利氏「そう。ただ普通の『プロダクトローンチ』と呼ばれる手法とは少し変わっていて、そのプロモーションの流れの中で “押尾学と無料で食事会” など、ネームバリューを最大限に活かした手法には脱帽したよ。ちなみにそのFXスクールは募集当初は29万8000円だったけど、その後、値上げして32万4000円になっていた」

── へぇー。その金額は私の予想とほぼ合っていたと思いますが、やっぱり高額ですよね。ただ私も初めて有名芸能人を使ったプロモーションを目の当たりにしましたし、実際、そのFXスクールに入った人って多いんじゃないですか?

阿富利氏「それは私も主催者側の人間では無いので何とも言えないけど、一連のストーリーやセールス展開をよく見ていくと、色々と矛盾してるところもあるんだよな……」

── 矛盾ってどんなことですか?

阿富利氏「例えば、そのFXスクールの販売ページには、押尾学のFXでの月ごとの取引実績が証拠画像として掲載されているんだけど、“ワンクリックで月300万円稼いでいる” とうたっているのに、本当にワンクリックかどうかの画像は掲載されていない。それにセールス開始後のメールには『前回のメールでまた多くの方が参加を決めてくれました。』と書いてるのに、その後の煽りがすごかったりとか……」

── えっ、その後の煽りって?

阿富利氏「簡単に説明すると、多くの人が参加を決めたと言っている割には、その後のメールで主催者が『このビジネスで私は一円もいただきません。』と “いらない覚悟” を宣言したり、募集期間終了間際には『参加費の全額返金保障をお約束します!』とアピールしたりとか……そんな感じかな」

── まぁ、この手の情報商材系のプロダクトローンチでは “あるある“ ですよね。

阿富利氏「これは私も気をつけるようにしてるんだけど、本当に稼げるなら、自信を持って返金保障なんてつけない。あと、そもそもビジネスなのに『私は一円もいただきません。』って……ぶっちゃけ意味がわからないよ(笑)。せっかく押尾学っていうビックネームを使っているのに、この辺は個人的に残念だったな」

── 阿富利さんから見て、このFXスクールは稼げると思いますか?

阿富利氏「稼げるも稼げないも断言できないよ。私もそのスクールに入ってるわけじゃないしね。耕平君も知ってると思うけど、FXだから確かにワンクリックで300万円稼げる可能性は0じゃない。ただその為にはかなりの投資額が必要になってくるし、平凡なサラリーマンはもちろん、人生一発逆転を狙っているニートなんかじゃ普通に考えて工面できないよね。0じゃないけど限りなく低いといった言葉が当てはまるんじゃないかな?」

── いやー、勉強になります! 今日はありがとうございました!!

阿富利氏「また何か知りたいことがあったら、協力するから声かけてよ」

以上が阿富利氏とのやりとりになるが、本当に押尾学さんがワンクリックで300万円稼いだかどうかは結局のところ定かではない。ただ、私も自らの経験から、そんなウマイ話はあるはずがないという見解だ。

なお、マニアックな内容でよくわからなかったという人は、『【金儲けの闇】悪徳アフィリエイトで使われる「詐欺的セールスあるある」40連発』も合わせて読むと内容が理解しやすいかと思う。この記事を読んだ読者の皆さんがこういったウマイ話に直面した時、判断材料として少しでも役に立てば幸いである。

Report:耕平
Photo:RocketNews24.

画像をもっと見る