「1、2本のチャンスを決められるか」 FW興梠、鮮やかループで五輪代表初ゴール

写真拡大

[7.27 練習試合 リオ五輪日本代表 1-1 CSセルジッペ]

 いきなり結果を残した。リオデジャネイロ五輪日本代表の最前線に入ったFW興梠慎三(浦和)は、試合開始1分でゴールネットを揺らした。

 中盤でボールを受けたMF遠藤航(浦和)が左サイドから中央に入り込んでくるMF中島翔哉(FC東京)に縦パスを通すと、「裏に出てくる感覚があった。オフサイドにならないように、ちょっと遅めにスタートした」と興梠がPA内に進入。中島からパスを呼び込むと、距離を詰めてくるGKをあざ笑うかのようなループで流し込み、五輪代表初ゴールを記録した。

「本大会では1、2本のチャンスをどれだけ決められるかが大事。そういう意味でああいう場面で決められたのはすごい良かった」

 その後は攻撃の基準点になろうと奮闘するが、相手DFの激しいマークに遭い、「もう少し体を張ってキープできれば良かった」と反省。「ボールキープは自分の中で一番重要視しているものなので、きちんと収めることができればSBも良いタイミングで上がって来れたと思う」。

 前線でコンビを組むFW浅野拓磨(アーセナル)との連係については「自分が引いたときはフリックで出せる位置にいてほしいと言っていた。距離感はすごく良かった」と振り返る。しかし、動きが被る場面もあり、「まだそんな日も経っていないので。コミュニケーションを取りながらやっていきたい」と本大会に向けてさらなる連係向上を図る。

 五輪代表初ゴールは奪った。しかし、シュートがその1本に終わったこともあり、「1本しかシュートを打っていないのは、やっぱり物足りなさがある」。30日に行われるU-23ブラジル代表との親善試合に向けて「今日より厳しくなると思うけど、どれだけ前で体を張れるか、どれだけボールキープできるかを試したい」と意気込んだ。

(取材・文 折戸岳彦)


●リオデジャネイロ五輪特集