世界最大級の総合旅行サイト・エクスペディアの日本語サイト、エクスペディア・ジャパンは、夏休みの定番の人気旅行先ランキングに加え、2016年に人気急上昇中の旅行先を発表した。

夏休みの定番の人気旅行先ランキング

「安・近・短」のトレンドが続く昨今だが、今年はトップ8がすべて、飛行機で「8時間圏内」で行ける都市に集中した。また昨年は、ヨーロッパや北米などのシティリゾートがランキングの約半分を占める結果となったが、今年は、王道のハワイを始め、グアム・バリ島などのビーチリゾートが多くランクインしている。今年の夏は、気象庁より「ラニーニャ現象」が発生する見込みとの発表があり、例年以上の猛暑が予想されている。ビーチリゾートのランクインは、そんな暑い夏を待ちわびての結果といえるかもしれない。

■人気急上昇1位はドバイ!猛暑で冬のオーストラリアも人気上昇

今年の夏休み人気急上昇ランキングは、豪華に見えて実は航空券+ホテルで10万円以下で行けるドバイが1位になった。昨年は、ベトナムのダナンやホイアン、タイのチェンマイなど上位5位が全て東南アジアという結果になったが、今年はアジアだと王道の韓国や台湾の中でも、釜山や台南といった、第二、第三の都市に人気が集まった。特にその中で注目すべきは3位と5位にランクインしたオーストラリア。ラニーニャ現象発生の発表を受け、日本が夏の時期に冬となるオーストラリアは、避暑地として人気が集まっているのかもしれない。

夏休みの定番の人気旅行先ランキング

■夏の人気旅行先もまだまだ予約可能!?

「夏らしさ」を最も感じることができるハワイに毎年人気が集まり、夏は料金が高くなるイメージだが、今年の夏はまだ8月の予約でもホテルと合わせてエコノミークラスなら10万円以下、ビジネスクラスでも約22万円で旅行が可能。また今年の注目は、グアム。昨年はランキング外だったが、今年は6位にランクインしている。「日本から一番近いアメリカ」として知られるグアムは、飛行時間がたったの3時間半。気軽に行けるアメリカでもある。8月中でもホテル+航空券で約5万円で旅行が可能。

夏休みの定番の人気旅行先ランキング

関連情報

https://www.expedia.co.jp/

文/編集部