栄養たっぷり“ゴキブリ・ミルク”、次代のスーパーフードとして注目。

写真拡大

有効成分を豊富に含んだ“スーパーフード”。キヌア、アサイー、チアシードと、さまざまな媒体で目にする機会も多いが、次代のスーパーフードとして注目されているのは「ゴキブリ・ミルク」だという。

インド・コルカタで研究している科学者のグループが、胎生のゴキブリ、ジプロプテラ・プンタータが分泌するミルクに注目。タンパク質、脂肪、糖、必須アミノ酸などを含んだ完全食品であり、牛乳の約4倍の栄養があることがわかった。

実際に結晶化させたゴキブリ・ミルクを飲んだラマスワミ博士のコメントによると、「特に味はない」らしいが、搾乳ができるわけではないため、現在、この成分を人工的に作る方法に着手しているという。

この画期的でありながらぞわぞわしてしまうニュースに、ネットでも「よしわかった。牛乳を4杯飲むことにするよ」「いやだーーー、いやいやいやいや、いやだー」「ゴキブリ・ミルクを飲んで育つとあの生命力を手に入れられるのか…いや、でも無理」「海老やシャコはうまいからなあ」「マドンナやヴィクトリア・ベッカム、ミランダ・カーが食べ出したらみんな食べるよ。新鮮さを求めて躍り食いすらするね」といった感想が寄せられているようだ。