宇宙空間をイメージした光の彫刻が圧巻! お台場で開催中の体感型デジタルアート作品展「DMM.プラネッツ Art by teamLab」が見どころ満載すぎる!

写真拡大

プログラマ・エンジニアに数学者、建築家、デザイナー、アニメーター、そして絵師。様々なスペシャリストから構成されているウルトラテクノロジスト集団、それがチームラボ(teamLab)。

チームラボ最大規模のデジタルアート作品展「DMM.プラネッツ Art by teamLab」が、7月16日(土)から8月31日(水)までのおよそ1カ月半、お台場・青海周辺エリア「お台場みんなの夢大陸2016 」会場内にて開催されています。

【体で感じるデジタルアート展】

展示空間内はおよそ3000平方メートルと広々。その中を歩きまわりながら鑑賞していくのが今回の作品展の特長。

展示されているのは、光の点の集合によってつくられる彫刻「Wander through the Crystal Universe」に、1年間の花々が時間と共に変化しながらドーム空間いっぱいに咲き渡っていく「Floating in the Falling Universe of Flowers」。

【水の中に入ったり、やわらか空間で寝転んだり……】

また「人と共に踊る鯉によって描かれる水面のドローイング - Infinity」では、鑑賞者が自由に水の中に入り歩き回ることができます。水中に鯉が泳いでいて、人にぶつかると鮮やかな色になって飛び散るという、幻想的な作品なんだそう。

そして「やわらかいブラックホール - あなたの身体は空間であり、空間は他者の身体である」では、人が触れることができるところのすべてが沈み込むほど柔らかく、 “真っ暗” 空間に寝転ぶことができるなど、実にさまざまな作品が揃っています。

【宇宙空間をイメージした光の点の彫刻は必見!】

どの展示も視点が新しく、ぜひとも体感してみたくなるものばかりですが、とりわけ注目したいのが、約20m × 20m x 4mと過去最大サイズに作られた「Wander through the Crystal Universe」。

2015年に銀座で展示された「Crystal Universe」の約6倍の大きさを誇るというこちらの展示は、デジタルで制御することによってインタラクティブに動く、宇宙空間をイメージしたインスタレーション。

【宇宙飛行士が監修した「宇宙の香り」って!? 】

展覧会会場内には、作品ごとに森や花の香りが漂っているそうなのですが、「Wander through the Crystal Universe」に広がる香りはなんと、宇宙の香り。

なんでもこの香りは宇宙飛行士・山崎直子さんの監修のもとに作られたものだそうで、否が応にも好奇心をそそられちゃう!

【気の向くまま、歩き回ることができるよ♪】

すべてのデジタルアート作品は迷路のように構成され、歩き回りながら鑑賞することができるのですが、展覧会には珍しく決められた道順はないとのこと。そういった “自由さ” も大きな魅力です。

【優先的に入場できるチケットも】

「DMM.プラネッツ Art by teamLab」は「お台場みんなの夢大陸2016」の1DAYパスポートで入場できます。料金は一般2000円、小中学生が1300円、そして未就学児は無料。

また「プライオリティチケット」をプラスすると、混雑を気にせず優先的に入場できるのだそう。お値段は一般が1500円、小中学生が700円となっています。

【夜間営業も開始されるそうな】

7月28日(木)までは10時から18時までの営業ですが、7月29日(金)からは22時までの夜間営業を開始するとのことなので、社会人のみなさまも、お仕事帰りにさくっと寄れちゃう! 

チームラボの新作ばかりが揃った見どころ満載の体感型展覧会に、家族や友人を誘って出かけてみてはいかがでしょうか。

参照元:DMM.プラネッツ Art by teamLab、PR TIMES[1]、[2]
執筆=田端あんじ (c)Pouch

この記事の動画を見る