梅宮アンナの品川ナンバー愛着に「差別主義丸出し」

写真拡大

27日放送の「バラいろダンディ」(TOKYO MX)で、梅宮アンナが、ナンバープレートの好みを主張し、共演者から「差別主義」だとツッコミを受けた。

番組では「今夜は寝れ9!!」のコーナーで「自動車の『練馬ナンバー』が嫌!」と題した、トピックニュースの記事を取り上げた。記事は、26日放送の「踊る!さんま御殿!!」(日本テレビ系)で、文京区出身のタレント、おのののかが、地元で見かける「練馬ナンバー」に嫌悪感を露わにしたことを伝えている。

このニュースに、ゲストコメンテーターの梅宮は、自動車好きであることを明かすと、ナンバープレートについて「まあでも、品川ナンバーでしょ」と、自分の好みを明かした。

梅宮は「私は、品川しか(ナンバー取得の経験が)ないんだけど」と、セレブ感を匂わし「やっぱり、品川ってなんか、1番な感じだよね」と、特異な持論を展開したのだ。これには、スタジオに大きな笑いが起こった。

司会の長谷川豊氏が「杉並ナンバーとかどうですか?」と尋ねると、梅宮は「いやあ、ちょっと…」と、品川以外のナンバーは理解できない様子だった。

また、梅宮は運転中に並んで止まる他車のナンバーに目が行くそうで「いい車で品川(ナンバー)じゃないと、OKあげられないんだよね」と、再び強いこだわりを見せた。この話を聞いていた宇多丸は、梅宮に「さっきまで、割りとリベラルな発言してたのにさ。差別主義丸出しだよ!」と、ツッコミを入れて笑いを誘った。


【関連記事】
おのののかが自動車の「練馬ナンバー」に嫌悪感「スゴく嫌なんです」
マラソン選手の谷川真理が差別的発言か「白人の方々を見ると華やかになる」
梅宮アンナが動物を衝動買い 世話は「両親任せ」だと明かす