画像

写真拡大

 電通イージス・ネットワークは、米国のBtoB領域専門の広告会社ジャイロ社の株式100%を取得することで合意。株式取得後は、BtoB領域専門のグローバルブランド「インタープライズ社」をジャイロ社に統合・再編を行う。

 電通イージス・ネットワークは、米国のBtoB領域専門の広告会社「Gyro, LLC(以下、ジャイロ社)」の株式100%を取得することで合意した。電通グループでは2016年2月にBtoB領域専門のグローバルブランド「Interprise(インタープライズ社)」を立ち上げているが、ジャイロ社の株式取得後は、インタープライズ社をジャイロ社に統合するBtoB領域ネットワークの再編を行う。

 これにより、統合後のジャイロ社は、米国、英国、フランス、ドイツ、スペイン、UAE、シンガポール、香港、オーストラリアの世界9か国・地域に拠点を持つBtoB領域専門の広告会社となる。

 ジャイロ社は1999年にロンドンで設立され、2009年に米国に進出。現在、世界7か国に展開しており、米国の広告マーケティング業界誌Advertising Ageから2016年の「BtoBエージェンシー・オブ・ザ・イヤー」に選出されている。

MarkeZine編集部[著]