【レシピあり】英国貴族が溺愛『キュウリのサンドイッチ』がウマすぎた! イギリス飯マズイって言ったの誰って叫びたくなるレベルやで!!

写真拡大

「イギリス=メシマズ」というのは世界的な常識らしい。個人的には、マズイというか「ダイナミックすぎて味わい方がわからない」気がする。いずれにせよ、中華やフランス料理、トルコ料理などの足元には及ばないことになっている。

だがしかし! イギリスにだってウマいものはある。それは、「キューカンバーサンドイッチ(Cucumber Sandwich)」。つまりキュウリのサンドイッチである。これは英国貴族もマジで溺愛! めちゃくちゃシンプルだが驚くほどウマいのだ!!

・英国式キュウリのサンドイッチ

このキュウリのサンドイッチは、正確には “メシ” ではなく、アフタヌーンティーの際に紅茶と一緒にいただく軽食だ。スコーンとかああいうヤツのお友達である。

さて、今では「栄養がない」だとか「味がしない」と酷評されるキュウリも、19世紀イギリスでは手に入りづらく、超が超超超つくほどの高級食材だったそう。というわけで、キュウリを食べられることはステータスであり、キュウリサンドは貴族に愛されていたのだとか。

当時を舞台にした映画や小説で貴族たちが「キュウリ、キュウリ」と騒いでいるのを見たことがある人もいるだろう。そんなスゴイものなら食べてみたい! 作り方は以下のとおりだ。

【材料】

・サンドイッチ用のパン:4枚
・キュウリ:2/3〜1本
・バター:適量
・ワインビネガー:適量
・コショウ(お好みで)

【作り方】

1.バターを室温に戻しておく。

2.キュウリの皮をむいて、向こう側が見えるくらい薄く輪切りにする。

3.キュウリをボウルに移し、キュウリがひたるくらいにワインビネガーを入れて30分ほど置く。

4.30分後、キッチンペーパーなどを使ってキュウリの水分を切る。

5.パンにバターを塗り、キュウリを並べる。2層くらいにすると良し。

6.バターを塗ったパンを上かのせてはさみ、食べやすい大きさにカットして完成!

・ウマすぎィィィッ!!

ワインビネガーにひたすというのは、少し意外だったが、それ以外は不安になるほどのシンプルさだ。だってキュウリだけだよ!? いや……しかし、ここは英国貴族の舌を信じたい。ひとつつまんでみると……デリシャース!! 驚くほどにウマかった!

スッキリした酸味がきいたキュウリ、そしてまろやかなバターがシュワシュワッとお口のなかで渾然一体となっていく。まるでサワークリームを塗ったパンを食べているようなのだ。

あくまで軽やかでサッパリ。ついパクパク食べてしまう危険性はあるが、紅茶という主役を邪魔することはない。ダージリンなど香りの強い紅茶とメッチャ合いそうだ。当時の貴族が熱狂したのも「高級食材だから」だけではないはず。マジのマジで美味しいサンドイッチだった。

・今でも人気なの?

キュウリサンドイッチ、これは完全に隠し玉だったなぁ。そこで今でも変わらぬ人気なのか、現代イギリス紳士に聞いてみたところ……

「昔にはちょっとお洒落なものでしたかもしれないが、最近の人たちはそんなに好きじゃないと思う。キュウリは軽いものですし、カロリーが少ないから、貴婦人たちは気に入ったかもしれない」

さらに現代イギリス人は、「お肉&野菜モリモリなサンドイッチの方が好きかも……」とのことだった。そうなのかー。とはいえ、今でも正式なアフタヌーンティーでは登場するといわれるキュウリサンド。サッパリして食べやすいので、バテがちな日本の夏にもオススメだ!!

Report:沢井メグ
Photo:Rocketnews24.

画像をもっと見る