画像

写真拡大 (全5枚)

 ヴァリューズが行った「ポケモンGO」アプリの利用動向調査によると、「ポケモンGO」の国内インストール数はリリース後3日間で1,000万人を突破し、アクティブユーザー数は「Twitter」とほぼ同規模となっている。

 ネット行動分析サービスを提供するヴァリューズは、マーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を用い、7月22日から7月24日の3日間における「ポケモンGO」アプリの利用動向について調査を行った。

●リリースから3日間で国内インストール数は1,000万人を突破

 世界各地でブームとなっているスマホゲーム「ポケモンGO」。7月22日(金)に日本でもリリースされ、7月24日(日)までの3日間でインストールユーザー数は1,147万人にのぼった。「Instagram」に迫る勢いだ。なお、「LINE」に関してはユーザーボリュームが突出しているため、今回の調査では比較対象から外している。
「ポケモンGO」インストールユーザー数

●男性のアクティブユーザー数はTwitterを超え、Facebookに迫る

 「ポケモンGO」アプリを起動したユーザー(アクティブユーザー)は、3日間で963万人にのぼり、「Twitter」とほぼ同規模となっている。
「ポケモンGO」アクティブユーザー数

 アクティブユーザーの属性を見てみると、男性57.9%・女性42.1%と、男性比率がやや高い。男性のアクティブユーザー数は「Twitter」を超え、「Facebook」に迫っている。
ユーザーの男女比と男性のアクティブユーザー数

●アクティブユーザーは20代の割合が高い

 「ポケモンGO」のアクティブユーザーの年代を見ると、20代が34%と一般と比べて12ポイント高く、20代の割合が高いことがわかる。小学生の頃にポケモンブームを体験したユーザーが20代になり、再びポケモンに関心を寄せているものと思われる。
年代別アクティブユーザー

【調査・分析概要】
ヴァリューズが保有する全国の行動ログモニター会員の協力により、2016年7月22日(金)から7月24日(日)において、スマートフォンアプリ別にインストールユーザー数とアクティブユーザー数を集計した。
※アプリユーザー数は、Androidスマートフォンでのインストールおよび起動を集計し、ヴァリューズ保有モニタでの出現率を基に、国内ネット人口に則して推測。

MarkeZine編集部[著]