世界中で女性のムダ毛論争が…

写真拡大

 女性のムダ毛処理についてちょっとした議論が勃発した──。発端は7月13日、フランス人のアデル・ラボさん(16才)が、体毛を剃るのを拒んで学校でいじめを受けたとして、「毛を剃らない自由」をSNSで主張したこと。これに賛同するフランス人女性たちが次々と“未処理”の手足やわきの写真をアップしたため、世界中で賛否両論を巻き起こしているのだ。

 2001年からパリに暮らす中村江里子さん(47才)は、2003年の女性セブン連載コラムで、当時びっくりしたのがフランス人がムダ毛を気にしないことだと明かしている。

「フランス人はムダ毛といっても、私たち日本人のように黒くはないから色は目立たない」と綴り、その上で彼女らは顔のうぶ毛を絶対に剃らない、と続けた。それは「顔にかみそりをあてる行為は、男性がするもの」「かえってうぶ毛が濃くなる」という考えが根強いためだという。

 映画や舞台など数多くの海外セレブへのインタビューをしてきた、ジャーナリストの佐藤友紀さんも、「もともとヨーロッパでは毛に対する意識が日本やアメリカとは違う」と話す。

「ドイツの有名な振付家、ピナ・バウシュ(享年68)が率いる舞踊団の女性ダンサーにわき毛の処理をしていない人がいて、ロングドレスなのにわきはフサフサで踊る姿に驚いたことがあります。イタリア映画の女性はわきも口周りのひげも未処理でした」

 このニュースを聞いた反応はさまざまだ。「フランス人は毛の色素が薄いから手足の毛がフサフサでもきれいでずるいと思いました」とコラムニストの辛酸なめ子さんは語る。

「わき毛は高校生の時、水着になった時に気になって処理しはじめましたが、すね毛の処理を始めたのは20代後半から。ずっとズボン派で必要性を感じなかったので。

 それがある日、“すね毛、結構目立つな”と思って…今では永久脱毛でツルツルです。でも、毛から女性ホルモンが分泌されると聞いたり、欧米のかたが毛を処理せず堂々としているのを見たりすると、生やしたままでもよかったのかもと思います」

 確かに、イタリアの大女優ソフィア・ローレン(81才)もわき毛を生やした写真があり、イタリア系のマドンナ(57才)やアイルランドとデンマーク系にネイティブ・アメリカンの血も引くジュリア・ロバーツ(48才)、イギリスとドイツの血を引くドリュー・バリモア(41才)など、“わき毛フサフサ”がパパラッチされたセレブはヨーロッパ系が多い。となると彼女たちはアンダーヘアも“フサフサ”なのか。

「逆にアンダーヘアの処理は当然のようにしています。というのも欧米はシャワー文化で湯船に浸かることもほとんどないですから。しかも、日本ほど温水洗浄便座も普及していませんから、やはり衛生面やにおいが気になるんじゃないんでしょうか。

 それもふまえると、今回の『剃らない自由』論争は、こういった最近の清潔志向に窮屈さを感じている人たちが、人間本来の自然の状態に戻ろうとする風潮が底流にあるのだと思います。そして、若い女性たちが賛同していることからもわかるように、これだけ脱毛する人が多いなか、逆に手を加えていない状態が他人とは違ってカッコイイという“ファッション”的要素もあると思います」(佐藤さん)

 昨年のフランス・カンヌ映画祭では、ヒールの低い靴でプレミア上映会に参加しようとした50代女性が入場拒否をされたことから「ハイヒールは女の義務なのか」との論争が世界中で巻き起こった。「剃らない自由」──芸術や文化、ファッションなど女の生き方に疑問を投げかけてきたフランス。この件もまた日本人にとってエポックメーキングな出来事となった。

※女性セブン2016年8月11日号