ザ・シンプソンズMOVIEの続編は「五分五分」、プロデューサーが言及。

写真拡大

「ザ・シンプソンズMOVIE」の続編の話が出てきているようだ。

「ザ・シンプソンズ」アニメシリーズで脚本とプロデューサーを務めるアル・ジーンが、2007年の映画に続く続編製作について話し合いが行われたことを、サンディエゴで開かれたコミコンの場で明かした。

「続編については話をしたよ。でも、良い出来になる見込みがあるときにだけ、やるつもりだよ。ただのお金儲けのためにやることはないね。だから、もし続編が出てきたら、それは僕らがそれに想いがあるからだってことだね」

また、続編が製作される確率については「五分五分だね」と答え、「『なんでこんなのやったんだ? 必要なかったよね、これ』って思われるような映画はやりたくないね」とその確固たる製作へのポリシーを強調した。

1989年から放映され続けているテレビアニメシリーズを映画化した2007年作「ザ・シンプソンズMOVIE」は、批評家陣からも好評を博し、世界興行成績は5億2500万ドル(約554億円)を叩き出す大成功を収めていた。

そんな映画続編の話が飛び出したところだが、昨年ジーンは「シーズン28で終わったとしても驚きはしないね。でも、少なくともシーズン30まではいくかな」とし、テレビシリーズがシーズン30に達した時点で、「ザ・シンプソンズ」は終了を迎える可能性があると発言していた。

「ザ・シンプソンズ」は、9月からシーズン28が始まる予定だ。