トミカ初の充電式自動走行実現、チャージャーで10秒充電→1分間走行。

写真拡大

タカラトミーは7月30日から、通常のトミカサイズとしてはシリーズ初の充電式自動走行を実現した「トミカシステム チャージトミカ パトロールカーセット」を発売する。価格は6,000円(税別)。

「トミカシステム チャージトミカ パトロールカーセット」は、トミカとコースレイアウトがセットになった商品。付属している「トミカ」は“チャージトミカ”という新機構のもので、専用チャージャーで約10秒充電すると、約1分間の自動走行が楽しめる。

自動走行する「トミカ」は、近年、自動車業界で電気自動車や自動走行の技術が話題となっていることや、「自動で動くトミカが欲しい」という要望が多数寄せられたことから、企画・開発したという。

ちなみに、同社はこれまでも、1993年に「B/Oトミカ」という商品名で電池で走るトミカや、ラジコン式で充電走行するトミカ(※どちらもサイズはトミカより大きいサイズ)、さらに2014年には自動走行チョロQ「Q-Eyes」を発売してきた。今回は「トミカ」のボディは変わらず、シャーシやタイヤに工夫を加えたのが大きなポイント。ダイキャスト製でありながら充電式自動走行を可能にしサイズも“トミカサイズ”を実現している。