和田竜が日本人作家初の快挙、文庫「村上海賊の娘」が4週連続ワンツー。

写真拡大

今週発表の最新8月1日付けのオリコン週間“本”ランキング(集計期間:7月18日〜24日)の文庫部門では、和田竜の長編歴史小説「村上海賊の娘」の文庫2作(新潮社・新潮文庫刊/7月1日発売)が、それぞれ1位(『〜 一』:週間3.6万部、累積20.4万部)と2位(『〜二』:週間3.1万部、累積15.9万部)を獲得した。

これにより、7月11日、7月18日、7月25日付けに続き、4週連続で1位・2位独占となっている。

オリコンが2008年4月に当ランキングの調査・発表を開始して以来、同一作家が4週連続で同部門1位・2位を独占するのは、ダン・ブラウンの「天使と悪魔上」と「〜 中」(ともに訳:越前敏弥、デザイン:片岡忠彦/2006年6月発売)が2009年5月18日、5月25日、6月1日、6月8日付けでそれぞれ1位、2位を獲得して以来、7年2か月ぶり2人目。日本人作家としては初の快挙となった。