夫ショック…4割もの妻が「愛情が覚めても」夜の営みに応じていた!?

写真拡大

あなたは夫のことを「もう愛していないかも」と感じたことはありますか? 長い結婚生活の間には、愛情の波がアップダウンしても不思議な話でありませんよね。

実際、『WooRis』が500名の妻に実施したリサーチでは、「夫への愛情が冷めたことがある」という妻が驚きの53.2%にも達しました。

世の妻のなかには、夫への愛が冷めた経験を持つひとが多数派だなんて……、かなり衝撃的なデータですよね。夫への愛が冷めるとそのままセックスレスにも繋がりそうですが、実態としてはどうなのでしょうか。

今回は、『WooRis』の同調査をもとに、夫への愛が冷めていても性生活には応じている妻の割合とその赤裸々な背景をご紹介していきましょう。

 

■夫を愛していない妻の4割が性生活に応じている

ズバリ「夫への愛情が冷めたことがある」という妻に、夫への愛情が冷めていても夫とセックスをしています(していました)か?」と聞いてみると、「はい」が40.6%「いいえ」が59.4%という結果に。

カラダとココロは繋がっていますが、イヤイヤながらも夫とカラダの関係を続けている(いた)妻が5人に2人という結果に。

コレって、相当な割合だと思いませんか?

 

■“夫が怒るのが面倒”が最大の理由!?

その理由を探っていくと、もっとも多かったのが1位「断ると夫が怒って説明が面倒だから」で44.4%、次いで2位「セックスをしないと夫の機嫌が悪いから」が41.7%と続きます。

夫への愛情を失っていたとしても、夫の気持ちを考慮して愛情がなくともセックスをしている妻が意外といたんです。

愛情とセックスは繋がっているのかと思いきや、ココロとカラダを分離して努力している妻もいるのがリアルなのですね……。

ですが、どうせ“する”のであれば、本当は愛情のある夫と関係を持ちたいのが女ゴコロなのではないでしょうか?

 

■夫への愛情を取り戻すコツもある

『WooRis』の過去記事「なんと3割の妻の愛情が復活!“夫への愛情が冷めかけた時”の神対応1位は」では、妻が努力をすることで夫への愛情を取り戻した方法をお伝えしています。

具体的には、相手の大切さを思い出してみたり、夫の性格のなかで“好きなところ”を意識的に探してみたり。

あるいは、正直に「冷めた」と本人に伝えて解決策を探った妻もいる実態が浮き彫りになっています。

夫への愛を失っている妻の4割がセックスには応じているという実情があるなか、夫婦生活を充実させるためにも、夫のことをもう一度愛する努力をしてみるに越したことはありませんよね。

 

■夫へのトキメキを再燃させる自問自答

また、妻自身の心がけとして『WooRis』の過去記事「妻の努力次第で夫に“再びトキメキを感じる”秘訣4つ」では、“もしも恋人だったらどう思うのか”や“仮に夫が浮気していたら私はどう思うのか”など自問自答をしてみることで、夫へのトキメキを再確認できる方法もお伝えしています。

レスを解消するために無理矢理に性生活に応じているのは苦痛を伴うリスクも高め。

せっかく夫婦になっているのですから、愛情を再燃させるよう自分を意識的に導いいてみるのも手です。

 

いかがですか?

愛が冷めているのにカラダの関係を続けるのは、時に妻にとって酷な状況になっているはず。夫への愛を再燃させることができれば、末長〜い円満ラブ夫婦を目指せそうですよね!

(ライター 並木まき)

 

【関連記事】

※ 離婚カウンセラーが警告する「モラハラを受けやすい妻」4つの特徴

※ 最近やけに…と感じたら!「夫のレス解消の努力」2位早く帰る、1位のサインは

※ 2位リアルな悩みの生活費!世の妻が「離婚を踏みとどまる理由」圧倒的な1位は

 

【Specialコンテンツ(PR)

※ 知らないと損!キレイママはこっそり使っている「シャンプー」

※ たったこれだけ!? メラニンを防ぐ日焼けに負けない美肌の作り方

※ 酵素やスムージーを超える?山田優も愛飲、全米大ブームのコンブチャとは

 

【姉妹サイト】

※ 痩せられない女子も成功!5日食べて2日休む「半断食」ダイエット

※ 痩せたきゃ食べろ!? 食事制限なしで自然と痩せる「豆ダイエット」

 

【画像】

※ Photographee.eu / Shutterstcok