どれにする?こんなの欲しかった!がきっと見つかるiPhoneケース5選

写真拡大

今や、私たちの生活になくてはならないもののひとつに、スマートフォンが挙げられます。「デジタルデトックス」なんて言葉もありますが、スマホなしで1日過ごすなんて考えられない!という方も多いのでは?

かくいう私もその1人。どこへ行くにも、とりあえずスマホは持って行きます。

そんな生活の中、最近じわじわと気になってきたのがスマホケース。

今まで見た目重視で選んできましたが、どうやらスマホケース市場は非常に成熟していて、多種多様の特徴を持ったケースが出揃っているらしい…

今回は、iPhoneに焦点を当て、過去記事の中から、先鋭iPhoneケースを5種類ピックアップします!

1.「Premium Style iPhone 6s/6 TOUGH FLIP COVER(タフフリップカバー)」

TOUGHFLIPCOVER_img_107700_1

とにかく強度を求めるなら、こちらのケースがオススメ!

米国国防総省の軍用規格に基づき、「落下」「振動」の2項目の試験をクリアした手帳型のiPhoneケースです。

TOUGHFLIPCOVER_img_107700_9

驚くことに、このケースを付けていれば、例え2tトラックにスマホが踏まれてしまっても液晶画面が割れません!

日本で生活していて、自分のスマホが2tトラックに踏まれることはまずないと思いますが、それでも強いに越したことはありません。

実験動画は以下のリンクから閲覧することができます。

 

2.「カーマウントエディション 本革ケースシリーズ」

20160715_hy+00

こちらのiPhoneケースは、車も電車も使用する方にピッタリの機能が搭載されています。

20160715_hy+02

車に乗るときのためにケースの背面に内蔵されているのは「カーマウントプレート」という磁石。

別売りの「マグネット車載カーマウントホルダ」を車内のエアコン吹き出し口に付ければ、車内で音楽や地図アプリ使用するときに、スマホをマグネット部分にくっつけるだけで良いのでとても便利!

20160715_hy+03

電車に乗るときのためには、ICカードを入れるポケットが用意されています。

ただ、これだけだと他のスマホケースでもよく見受けられますよね。

他との違いは、このケースにはあらかじめ「電波干渉防止シート」が内蔵してあるということ。スマホケースとICカード、実は相性があまりよろしくないのです。なので、このシートがあることで、改札でカードが読み取れなかった!ということがなくなります。

 

3.「Mesh Case」

20160709_andmesh02

ずっと持ち歩くものだからこそ、手触りにこだわりたい!という人にオススメなのがAndMesh(アンドメッシュ)の「Mesh Case」です。

20160709_andmesh01

このiPhoneケースに使用されている素材は「日本製エラストマー」というもの。

プラスチックメーカーと共同開発した素材で、その触り心地は唯一無二!

なぜなら、この素材はAndMeshのみに使用されているからです。

他にはない触り心地…気になります!

 

4.「iPhone6s/6s Plus用 自撮り棒変形ケース」

2016-0603-7201-1

さぁ、このあたりでひとつ変わり種をご紹介します。

こちらのケースは、自撮りが大好き!な方にもってこい。

なぜなら、ケース自体が自撮り棒の役目も果たしてしまうからです。

ストッパーを外し、iPhoneを持ち上げれば、あとはケースを回して伸ばしていくだけ。

2016-0603-7201-3

2016-0603-7201-4

2016-0603-7201-5

2016-0603-7201-2

海へ山へ川へ、夏ならではのレジャーのために出掛けることが多くなる季節、思い出を残すのに活躍してくれそうです!

 

5.「SNAP! PRO」

最後はこちら!

スマホで今よりさらにきれいな写真を撮りたいという方にオススメなのは、取り付けるだけでスマホをカメラに早変わりさせる「SNAP! PRO」。

20160603_bitplay09

20160603_bitplay01

20160603_bitplay02

スマホケースに、用途に合わせてグリップやレンズを取り替えることができるので、写真の幅がぐっと広がります。

iPhoneは、ただでさえ写真がきれいに撮れますが、このケースを使用すれば普段の何倍も写真撮影を楽しめるはず。

デジカメを買うまではいかないけど、ちょっと写真にこだわってみたいという方にも良さそうです。

 

以上、5つをご紹介させていただきました。

気になるものは見つかりましたか?

一緒にいる時間が長いスマートフォンだからこそ、欲しい機能を搭載したケースを取り付けて、より使いやすくしたいものですね!

 

(文/&GP編集部)