朝ランの気分も上がるswatchの活動量計つきスマートウォッチ

写真拡大 (全3枚)

今年の夏は、早朝にラン二ングやウォーキングをして気持ち良く一日を過ごすことを目標にしています。そこで、活動量計が搭載されたスマートウォッチが気になります。ポップなデザインのswatch(スウォッチ)からも、本格的なコネクティッドウォッチが発売されていました。
活動量をグローバルに共有
2016年モデル『swatch Touch Zero Two』の操作は、指で画面タッチするだけ。さらに、日々の充電の必要がない電池式100%のウォッチです。日付やアラーム、タイマー、ストップウォッチ機能のTIME、拍手の数やパワー、ウェーブの数を集計した総合的なアクション値がわかるFAN、目標達成レベル、一日のカロリー消費量測定、歩数などがわかるACTIVITYの3つがベースになっているもの。
左:ELECTROZERO2 16,200円(税込) 右:STRAWZERO2 16,200円(税込)
オリジナルの無料アプリ「The swatch Touch Zero app」(Android、iOS対応)と同期することで、計測データの管理や友達とのシェアが可能です。ユーザーがグローバルにつながって、いかにアクティビティを楽しんでいるのかをランキングする、という機能もあって面白そう。友達や仲間と楽しみながらできるので、目標達成できそう。カロリー消費量をチェックしたり、ランキングで客観的に健康チェックできるのも嬉しいところ。
リオオリンピック限定モデルで気分も上がる
swatchのオリジナリティを感じるスクエアフェイスのデザインは、どれも夏のオフスタイルにピッタリ。スポーティなブルーの「ELECTROZERO2(エレクトロゼロツー)」、キュートなピンクの「STRAWZERO2(ストロゼロツー)」、ファブリックとシリコンのコンビストラップの「NOSSAZERO2(ノッサゼロツー)」、そしてマルチカラープリントの「VERAOZERO2(ヴェラオゼロツー)」と、4つのモデル展開。
左:NOSSAZERO2 16,200円(税込) 右:VERAOZERO2 16,200円(税込)
「NOSSAZERO2」と「VERAOZERO2」の2モデルは、8月にブラジルで行われるリオオリンピックモデルなので、身に付けるとオリンピックムードが盛り上がりそう。
遊び心やオシャレ感も楽しみながら、アクティブに健康チェックしていきたいですね。
[swatch公式オンラインストア]

この記事を気に入ったら、いいね!しよう。
Facebookで最新情報をお届けします。