「百合子さんの絵本」に出演する薬師丸ひろ子(右)と香川照之(左)/(C)NHK

写真拡大

7月30日(土)夜9時から、薬師丸ひろ子、香川照之らが出演する終戦スペシャルドラマ「百合子さんの絵本〜陸軍武官・小野寺夫婦の戦争〜」(NHK総合)が放送される。

【写真を見る】香川は撮影の打ち上げで薬師丸の“ミニコンサート”が行われたことを明かした!/(C)NHK

同作は、「ムーミン」などの児童文学の翻訳者として知られる小野寺百合子(薬師丸)と、夫で陸軍武官だった信(香川)の絆を描くヒューマンドラマ。

戦時中、スウェーデン・ストックホルムに駐在していた信は、諜報(ちょうほう)戦に従事。百合子もまた、信が得た情報を本国に送る任務を果たしていた。しかし、“ソ連参戦”という極秘情報をつかんだ信が、和平を期待して情報を日本に送るも、それが生かされることはなく、日本は敗戦を迎える。

終戦後、戦時中のことに口を閉ざす夫に、かつての誇りを取り戻してほしいと願う百合子は、過去と向き合うべきだと信を説得。信は、消えた電文の行方を探る決意をする。

香川は、実在の人物を演じるために重要なことは「本人の顔にどれだけ近づけるか」だと語った。「今回もピタッと合う眼鏡を見つけたときに『いける』と思いました」と手応えがあった様子。

一方の薬師丸は、主人公の35歳から75歳までを演じており「追い詰められながらも香川さんの力を借りて完走したという感じです。(百合子の人生を)生き抜いたなと思いました」と撮影を振り返った。