ひんやりと夏を潤す。スイカのおいしい効果

写真拡大

夏の風物詩、スイカ。ここのところ、海外ではスイカを使ったスムージーがブームの兆しを見せたり、スイカ100%のオーガニック缶ジュース「DRINKmelon」が発売されたりと、人気になっています。ビヨンセもコールドプレスのスイカドリンク「WTRMLN WTR」に投資するなど、かなり注目している様子。スイカのもつ健康効果は、はたしてどれほどのものなのでしょうか。
夏を潤すスイカの健康効果
そのほとんどが水分でできているスイカは熱中症予防に良いことで知られていますが、サイト「わかさの秘密」によると、さらに多くの健康効果が見込めるようです。

◎むくみを予防・改善する効果
◎冷え性を改善する効果
◎美肌効果
◎疲労回復効果
◎動脈硬化を予防する効果
(『わかさの秘密』より引用)

ひと玉買ったものの、余ったものを冷蔵庫に入れるとなると場所をとってしまう―。そんなときには「飲み物」として楽しんでみるのも良いものです。スイカの持つ特有のシャリシャリしたテクスチャーはそのまま食べても十分美味しいのですが、ミキサーにかけることでシャーベットのようなまた違ったのど越しが味わえます。
そして栄養価が高いことで知られている、スイカの白い部分。お漬物にしていただく方も多いでしょう。この白い部分にはアミノ酸の一種シトルリンが含まれていて、高血圧や冷え性に効果的なだけでなく、男性機能回復にも役立つというから、ジュースにする際には多めに取り入れたいものです。
スイカを使ったカクテルで夏を満喫
子ども関連の行事やイベントが多くなるこの季節には、スイカを使ったフルーツパンチももちろん良いのですが、大人の集まりにはウオッカメロンでお祝いしてみるのもおすすめです。

スイカまるまるひと玉(3〜4kg)の上の部分をフタのように切り取り、中身をまるごとくり抜きます。くりぬいた中身をざるでこし、種とスジを取り除きます。そこにコップ1杯(200〜250ml)のウォッカを入れ、ミキサーで一緒にまぜ、スイカの中へ戻して冷やすだけ。スイカを器にしたウォッカメロンは見た目も楽しく、場も盛り上がること間違いなしです。
top-image via Shutterstock

この記事を気に入ったら、いいね!しよう。
Facebookで最新情報をお届けします。