樽生のクラフトビールが20種類も。自由が丘の貴重なビアレストラン

写真拡大

自由が丘の「CRAFT BEER KITCHEN(クラフトビアキッチン)」は、ヘルシーなオーガニックメニューとともに、20種類ものクラフトビールが堪能できるクラフトビール専門店です。気になるビールのラインナップを探ってきました。

女性好みのクラフトビールをセレクト

自由が丘駅から徒歩3分。商業ビル「Luz自由が丘」のB1Fに昨年9月、クラフトビール専門店「CRAFT BEER KITCHEN」がオープンしました。店内では、国内外の選りすぐりのビールを樽生で味わうことができるほか、オーガニック野菜をたっぷり使ったヘルシー料理もいただけます。

クラフトビールのおもしろさは、多彩で個性的な味わいを楽しめること。「CRAFT BEER KITCHEN」では、自由が丘という土地柄、女性客が多いため、提供する銘柄は国内のメジャーブランドを中心に取り揃えているそうです。

また、軽めのビールが好きな人、ビールにこだわりがある人など、さまざまな嗜好に合わせてバランスよく銘柄を選ぶようにしているのだとか。シーズンや樽の入れ替えのタイミングでラインナップはどんどん変わるので、足を運ぶ度に新しいビールと出会えます。

この夏おすすめのクラフトビールはこちら

「暑い夏向けに、さっぱりしたアイテムを多くチョイスしています。缶や瓶にはない、ドラフト(生)ならではのおいしさを感じてほしい」と話す、店長の逸崎海人(いつざき・かいと)さん。現在のラインナップの中から、ことりっぷの読者に向けて、今夏おすすめのビールを選んでもらいました。

●毬花-marihana-
埼玉県川越を拠点としたコエドブルワリーが販売するプレミアムビール「COEDO毬花-Marihana-」は、すっきりとした苦みを感じられる夏に飲みたい一品。低アルコールなので飲みやすいビールです。

●PUNK IPA
ビールの苦みを味わいたい人には、今クラフトビールで最も人気だといわれているスコットランド産のインディア・ペールエール「PUNK IPA」をぜひ。一般的なラガーの30倍のホップを使用しているため苦みが強く、一度飲んだらクセになります。

●マスカットフレーバーのピルスナー
軽めのビールがお好みという方には、フルーツビールがおすすめです。苦みもあまりありませんし、フルーツの香りを楽しむことができ、ビールっぽさを感じさせません。女性にとても人気ですよ。

ビールに合う料理やスイーツも

ビールと楽しむ料理は、女性にうれしいオーガニック志向のものが中心。有機野菜や契約農家から取り寄せた野菜をふんだんに使ったメニューが豊富です。なかでも、ぜひ食べてみたいのが「本気の前菜盛り合わせ」(1人前/1500円)。生ハム、プロシュート、モルタデッラなどのハム・ソーセージ類のほか、オリーブやカポナータ、マカロニサラダなどの野菜がたっぷり。2人前から注文ができるので、友だちと一緒に楽しみたいですね。

いつ訪れても女性客でにぎわっている「CRAFT BEER KITCHEN」は、暑気払いの女子会にもぴったり。新しいビールとの出会いを求めて、足を運んでみてはいかがですか?

ことりっぷの最新記事