「第82回東京インターナショナル・ギフト・ショー秋2016」(主催:(株)ビジネスガイド社)は9月7日(水)〜9日(金)の3日間、「暮らしデザイン新時代〜住まいと暮らしのイノベーション 次世代デザインセンスとサムシングニュー」をテーマに、東京ビッグサイト全館にて開催される。

 出展社数は2592社。うち海外出展社は、18カ国・地域639社。今回は、ハワイ州政府産業経済観光局(DBEDT)、台湾貿易センター(TAITRA)や、タイ全土のOTOP(一村一品)製品から選抜された25の生産者が来日するほか、台湾文化部が立ち上げたデザイン振興プロジェクト「Fresh Taiwan」のコーナーも会議棟1Fで展開する予定。来場動員は延べ20万人を見込んでいる(昨年9月実績18万9948人)。

 なお、「ACTIVE CREATORS」「ARTIST VISION」「SPORTS IN LIFE 」「manicolle Tokyo」「第20回グルメ&ダイニングスタイルショー秋2016」が同時開催される。
 今回の特別イベントでは、「2017年2月プレイベント特別企画 SOZAI展 in Gift Show」が開催される。これは、SOL style(伊東裕氏&劔持良美氏)のアートディレクションによる空間で、日本の伝統的な知恵や経験から生まれたインテリア、プロダクト、ファッション等々の優れたマテリアルを訴求することで、店舗内装や個人住宅リノベーション、商品開発に関わる商談、ビジネスマッチングの促進を図るものである。
 さらに、様々な照明器具やランプ、キャンドルなど灯りに関するアイテムを集めた「インテリアライティングイベント『灯り』〜ワンランク上の快適な住まいの提案〜』や、ネコパブリッシングねこ編集部の協力による「ねこ雑貨集めます」などが開催される。
 また、会期中の9月8日(水)(16:30-17:30)には、プロダクトデザイナー喜多俊之氏による講演「オリジナルブランドとものづくり」が東京ビッグサイト会議棟6F605・606号室にておこなわれる。受講料無料、定員200名。