″太眉″ブームが収束、資生堂が春夏のトレンドメイクを発表

写真拡大

 資生堂ビューティークリエーションセンターが、街頭調査に基づき考察した「東京の街を歩く女性たちのヘア&メイクトレンド傾向」を発表した。 春夏のトレンドメイクは?資生堂が調査の画像を拡大

 街頭調査は、2016年4月下旬〜5月初旬に、20〜30代の女性300名を対象に実施。調査結果によると、数年前から続く「太眉ブーム」は徐々に収束傾向にあり、パウダータイプのアイブローでふんわりと描いた眉などナチュラルさを保ちつつも太さが変化していくと予測。また「湯上りチーク」「ほてりチーク」といった、目のすぐ下に赤みをきかせるチークも減少しており、今シーズンは、頬骨に沿ってソフトになじませる自然なチークへと移行しているという。継続して見られるのが赤リップをはじめとした「ブライトリップ」で、輪郭をなじませるなど、軽さのある表現で自然な血色感を出すのが今季のトレンドと解説。アイメイクは明るいカラーの人気が顕著で、カラーアイラインやカラーマスカラ、アイシャドーで色を楽しむ傾向が強いという。■ 公式サイト